パチスロの種類

今日は、パチスロの基礎的な事をお話します。

いや、正直基礎的すぎて誰でも知っていると思いますが、このブログは細かい部分から入っていく事を意識しているので最初の方は当たり前のような事を記事として書いていく可能性があります。

 

今日は、パチスロの種類についてお話します。パチスロの種類によって、出玉を増やす方法が違いますし、投資や安定感なども違います。

そういう意味では、それぞれの特徴を理解して自分に合ったパチスロで攻めていくというのは大事ですからパチスロの種類を理解する事は大事です。

目次

 

 

Aタイプ

パチスロにはAタイプという種類があります。ノーマルタイプとも言われていますね。

このパチスロの特徴としては、ボーナスメインで出玉を増やすことが上げられます。

 

例えば、ジャグラーがありますが、これはボーナスのみで出玉を増やすようになっていますので一番分かりやすいAタイプですね。

 

また、ボーナスメインだけどRT機能が付いたノーマルタイプもあります。

これをRT機種といいます。主な物には、エヴァコードギアスなどがあります。RT機種はボーナスメインだけど、純増0.2枚ぐらいのちょっとした出玉が減りにくい機能が付いたものと思えば良いです。基本はボーナスで増やします。

Aタイプの特徴として、出玉がマイルドであり、投資金額が少なく済みやすいというのがあります。初当たり自体は軽い機種が多いですから、あまりお金を使いたくない、安定した出玉がほしいという人にはぴったりの機種ですね。

 

ART

 

これは、基本的にARTで出玉を増やすタイプです。小役やゾーンなどでARTに当選しますけど、ARTに入るとリプレイ確率が大幅に上昇します。つまりART中はベルが揃うたびに出玉が増えていくようになります。

また、ART機種の中にはボーナスを搭載している事もあり、この場合はボーナスに当選することによっても出玉が増えるのでより楽しめる仕様ですね。

 

AT

 

この機種は、5.5号機になってから規制が入ったので、どんどん数を減らしている機種ですね。

このタイプは基本的にボーナスを搭載しておらず、ATだけで出玉を増やす形となります。

ATに入るとベルがかなり揃いやすくなりますし、揃わなかった場合はほとんどリプレイや小役ですからATに入っている間はかなり早く出玉を増やすことができます。

 

以上のように大まかなパチスロの種類についてお話しました。基本的に投資が少ないのはAタイプですが、爆発力があるのがARTやATになります。その分、投資が多くなる傾向があります。

また、設定もパチスロには存在していて、1~6あります。基本的に1が負けやすく6が勝ちやすいので覚えておきます。