Aタイプは設定に依存している

昨日は簡単なパチスロの知識についてお話しましたけど、簡単な知識は誰でも分かっている事ですから、今日からは少しずつ勝つためにどうすればいいのかについてお話します。

そこで今日はAタイプの話です。昨日もいいましたようにAタイプはボーナスメインで増やしていくタイプです。このブログではRT機種もボーナスメインで増やしていくのでAタイプとして考えていきます。

このAタイプで安定的に勝つためには、まずは設定です。設定に依存している機種ですから設定を意識した経ち周りが非常に重要です。

目次

 

 

基本的に設定4以上を狙う

さて、Aタイプでは設定がかなり重要とお話しましたけど、設定は主に6段階あり、多くの機種が

設定1と設定2 機械割が100%以下で負けやすい

設定3 機械割が100%あるかないか

設定4 機械割が102%以上

設定5と設定6 機械割が105%以上で勝ちやすく特に設定6は機械割が110%前後

 

このようになります。

これを見ると分かるように設定1と2を打っていると長期的に見たら安定的に負けるようになります。特に設定1は機械割が低く、さらに下ぶれも良く起こしますからかなり負けてしまう結果になります。

Aタイプでは、まずは低設定を打たない事を意識します。それだけでも負ける金額を減らすことができますし、勝つために前進します。

 

次に設定3は機械割が100%前後ですが、100%以下の機種もあります。設定3は安定的に少し負けていく仕様です。運が良ければトントンですね。

つまり打つ価値はないです。

 

次に設定4になると、機械割が102%ぐらいあるので、安定的に少し勝てるような計算です。もちろん、下ぶれすると負ける事も珍しくないですが、長期的に見れば安定的に少し勝っていく計算です。この設定4以上狙うのが長期的に見ると勝率を上げる事ができます。

設定5や設定6ばかり打てればもちろん、長期的に十分勝てる事になりますが常に高設定を打つのは難しいです。だからこそ、現実的に考えると設定4以上狙うのが良いです。

設定5や6狙いだけですと、場合によってはなかなか打つ機会が少ないです。特にスペックが高いAタイプは設定4がメインとなってきますから、現実的には高設定狙いができない可能性もあります。本当は高設定だけを狙っていくのがいいですが、専業でない人はなかなか拾う事ができないですし、旧イベント日にも足を運べない人もいますから、設定4を目安に立ちまわります。

 

Aタイプに波をあるのか?

 

さて、Aタイプを打っていると波理論を打ち出してくる人も多いです。

例えばはまりが続いているからそろそろ連ちゃんするのではないか、グラフがプラマイゼロに落ちてから連ちゃんするのではないか、かなり連ちゃんするからそろそろはまるから辞めた方が良いなどあります。

 

たしかに、パチスロにおいてずっとハマり続ける台もなければ、ずっと出る台もないと思っています。低設定でも連ちゃんすることもあれば、高設定でもはまってしまう事もありますね。

しかし、波理論をメインに立ちまわっていると勝つ事は難しいです。そもそも相手は機会ですから、ハマり続ければ連ちゃんするとは限らないです。1日はまりまくる台もありますね。

そこで、波理論は捨てる必要があります。あくまで設定です。

高設定であればボーナスを引きやすいですし、低設定であればボーナスが引きにくいです。それ以上でもそれ以下でもないですから、設定を推測しながら打っていくのが本来の正しい立ち回りです。

 

パチスロにおいて経験は大事ですが、一番大事なのは理論です。経験は時として邪魔になる可能性があります。この点を覚えておくようにします。

 

設定に依存しているが結果は分からない

 

Aタイプは設定に依存しているので、高設定ですと勝ちやすく低設定ですと負けやすいです。

しかし、1日の結果だけ見ると高設定だから勝てるとは限らないです。もちろん、低設定でも勝てる場合があります。

そもそも確率が収束するのには約8万回転ぐらい回る必要があります。1日で舞わせるのはせいぜい8000回転から10000回転ですので、収束しないことも多いです。

つまり、設定に依存しているけど1日の結果だけ見ると分からないという事です。

しかし、ここで誤解してはいけないのが、あくまで1日では収束しないだけです。

もし低設定を打っていて数日ぐらい勝てても長期的に見れば当然確率は収束しますから負ける事になります。

 

短期的な結果を重視するのか、長期的な結果を重視するのかというともちろん長期的な結果ですね。だとしたら答えは出ています。高設定を打って低設定は打たないという事です。

多くの人が1日単位の結果を重視している可能性があります。今日は低設定でも勝てたから満足といった感じです。

それでは、勝つ事ができないですからあくまで長期的な結果を求めて立ち回る必要があります。