パチスロブログレアナ編

天井狙いは期待値2000円から狙う

ATやARTで勝つための1つの方法として天井狙いがあります。

これが、Aタイプとは違った所であり、例え設定が入っていなくても天井の近いゲーム数から打つ事によって初当たりの確率を上げる事ができます。

 

自分が行くホームでなかなか高設定が入らない場合は天井狙いを中心に立ちまわってみるのもありですね。天井狙いは専業の人なども積極的に行っている勝ち方ですからライバルはいると思いますが効率的に勝つためには目が離せないですね。

目次

 

 

天井狙いは期待値2000円から

 

さて、天井狙いはどこから狙っていけばいいかですが、もちろん各機種によって天井のゲーム数が違いますから機種に合ったゲーム数から狙っていく事になります。

 

そこで、天井狙いは期待値で多くの場合は表わされていますけど、2000円というのが1つのボーダーになります。

 

期待値1000円ぐらいから狙ってもプラスの台を打っているのと変わらないですから長期的に見ると十分勝てる可能性はあります。しかし、天井狙いは引きの部分も大きく関わってきますし、多くの数をこなして収束する期待値になりますから1000円ぐらいから狙っていくとかなり結果が荒れてくる可能性があります。

 

場合によっては、1年間の収支がマイナスになる可能性もあり期待値が低い所から狙うのはお勧めできないです。比較的収支が安定するレベルといえば期待値2000円ぐらいになります。この部分から狙っていけば1年間ではプラス収支になる可能性があります。

 

しかし、このレベルでも数か月ぐらいでは結果が出てこない可能性があるのでその点を把握して取り組んでいきます。天井狙いは期間というよりもどれだけ数をこなせるかが重要です。例え数か月ぐらいの実戦でも多くの天井狙いができれば収支はプラスになりやすいです。

 

勝率を上げたい場合は期待値3000円以上

 

さて、天井狙いは基本的には期待値2000円から狙っていくとお話しましたけど、勝率を高いレベルにまで上げたい場合は期待値3000円からがお勧めです。

 

このレベルになってくるとかなり収支が安定してくる可能性があり、本当に勝ちたい人にとってはこれぐらいの期待値がある台を狙っていくのがお勧めです。

ただ、最近は台の知識を持っている人が多いですからなかなかこれぐらいの期待値の台は落ちていない可能性があります。

 

どうしても期待値が高い天井狙いができない場合は、少しボーダーを下げる事が必要です。期待値が低いほど台が落ちている可能性が高いです。

 

台によっては期待値の意味が違う

 

さて、天井狙いは基本的には期待値2000円から狙うことになりますが、ここで注意しておきたいのが台によって意味合いが違ってくる事です。

 

同じ期待値でも台によっては収支がまったく別物になる可能性があります。

 

期待値が荒れやすい台というのがゴッド関係ですね。なぜ荒れるのかといえばコッド関係は特定役に依存しているからです。

 

ハーデスがありますが、プレミア薬は複数存在しており、このプレミア役によって大きく収支が違います。

もし、プレミア役をまったく引けなければ当然負けやすいです。天井の期待値はあくまでプレミア役を入れての計算ですから、プレミア役が多い機種ほど収支が荒れるのでボーダーを高くする事が大事です。