パチスロは負けてる時の考え方が大事

パチスロは、ギャンブルですが負ける時もあれば勝つ事もあります。

 

勝つ可能性が高い、立ち回りを慎重に行っていってもあなたの引き次第では負けてしまう事も珍しくないです。

例えば

バジリスク絆で確定演出が出たが負けている

○天井狙いで失敗した

○アイムジャグラー高設定濃厚な台を打ったけど、BIGが引けなかった

 

など、どれだけ期待値がプラスの台を打てたとしても負ける事はあります。それは仕方がない事ですが、この負けた時の気持ちが重要です。

 

揺るがない立ち回り

 

さて、勝つ立ち回りをしても、結果が出なかった時は当然、気持ちの部分でもあせりが出る可能性がありますね。

 

例えば、天井狙いで数回連続で負債を抱えると、勝つ立ち回りをしているのになぜ負けてしまったのかを考えますし、何とか取り返さないといけないなどちょっと気持ちの部分で揺るいでしまいますよね。

 

この時に、気持ちがあせってしまって、今までと違う立ち回りをしたり、取り返そうとして期待値が低い台を打ったり、思い切って設定狙いをしたりすると夫妻がさらに膨らむ可能性があります。

 

負けが続いてしまうと、気持ちが揺らいでしまう人は結果的になかなか勝てなかったり、勝ててもほとんどプラスにならない可能性があります。しかし、不運があり負けてしまっても気持ちが揺るがずに常に期待値が高い台だけを打つようにすると結果的に安定したプラス収支が見込める可能性が高いです。

 

パチスロは負けてしまうとどうしても考え方がずれる可能性がありますから、今後長期的に勝っていきたい場合は負けた時の気持ちの変化に注意します。

 

負けた時の余裕

 

パチスロはどれだけ良い台を打っても、短期的に見ると負けが続く事もありますが負けた時の気持ちの余裕が大事です。

最近は、ちょっと引きが悪くて収支が安定していないけど、今の立ち回りを間違っていないから気にする必要はないなど心に余裕があると、ぶれずに立ち回ることが可能です。

 

これがなかなか難しいですよね。特にそれなりに負けてしまうと、気持ちに余裕がなくなりますし、特に昨日5万勝って、今日4万負けている状態ですと昨日せっかく勝ったのにこのままでは今日は帰宅できないなんて気持ちが強くなりますよね。

 

これは、パチスロだけに限らないですけど人間は自分にとって不幸な事が起こるとどうしても気持ちがあせります。もし、負けた時も気持ちに余裕を持てれば正しい立ち回りを長期的に行うことができて、気持ちがぶれない可能性が高いです。

 

お金に余裕を持つ事が大事

 

さて、パチスロで勝つ立ち回りをしているのに、負けが続いていると気持ち的にあせりがでますけど、気持ちに余裕を持てればこのあせりも感じなくなります。

 

しかし、気持ちに余裕を持たせるためには、やはりお金に余裕があることが大事です。いくら気持ちに余裕を持たせるように頑張っても、お金に余裕がなければ気持ちにも余裕が生まれないです。

 

所持金が20万円で、ここ数日で10万負ければ当然あせりますよね。

 

しかし、所持金が50万あって、ここ数日で10万円負けてもまだお金にあせりが出てこないです。いくら、勝つ立ち周りをしても上手く行かない事もあります。そのために、パチスロをやる時には、まずはお金を貯めてから行います。少ない軍資金で挑むと、負けが続いた時に焦ることになるのでお金をしっかりと確保する事はパチスロで勝っていくためには非常に重要です。