パチンコ店2020年4月から全面禁煙化

今回は最近出た情報です。

 

といっても、以前からこの取り組みは進んでいましたけど、2020年4月からパチンコ店は全面禁煙化になることが濃厚です。

濃厚といっても、ほぼ決まりといっていいでしょう。これは、法律によって決められるものであり、パチンコ店だけでなくて飲食店など今喫煙が許されている公共の場すべてがこの法律によって禁煙化になる見通しであり、オリンピックに向けた健康運動がいよいよ本格的に動いたと言われています。

目次

 

 

以前から禁煙化は問題になっていた

 

パチンコ店は今は喫煙が許されており、一部パチンコ店を除いては喫煙場所も幅広くあります。

 

ただ、パチンコ店においてももっと快適に遊戯してもらうために禁煙化に取り組んでいる所もあり、そういうお店では禁煙が1つのルールとされていましたし、喫煙ボックスを設けている所もあります。

 

今回は、オリンピックが日本で行われることが決まってより一層、健康のための運動が盛んになり禁煙という問題も政府が強く後押しされていく感じになっています。

公共の場を禁煙化することによって、オリンピックを見に来た外国人に健康に強く力を入れている事をアピールすることができて、日本のイメージが良くなりますね。つまり、今回の禁煙化は日本にとって大きなプラスになります。

 

パチンコ禁煙化のメリット

 

パチンコ禁煙化のメリットは複数存在します。

まずホールですが

○タバコを吸っていない店員が働きやすくなる

○お店内の空気が良くなる

 

というのが主になります。働いている人の中にはタバコを吸っていない人もいますが、その人たちがより快適に仕事ができます。また、禁煙になるとタバコを吸っていない人が多くパチンコ店で働きやすくなるメリットがあり、従業員確保に向けての取り組みもより良くなります。

 

次にお客さんですが

○タバコを吸っていない人が快適に遊戯できる

○タバコを吸っていない人がパチンコ店に入りやすくなる

 

というのがあります。健康の害を気にすることなく遊戯出来るのがメリットですね。また、タバコを吸っていない人でパチスロに興味がある人が気楽にパチンコ店に入ることができるのも大きなメリットです。

 

パチンコ店禁煙化のデメリット

 

次にデメリットですが、

○禁煙化によって遊戯人口が減る可能性がある

○稼働時間が減る可能性がある

 

この2点がまず上げられます。

タバコを吸っている人が大半を占めますから、遊戯しながらタバコを吸えないとなるとパチンコ店に行くのを辞める人も若干では増える可能性があります。

 

喫煙ボックスを設けることができるので、タバコを吸いたくなったらそのボックスで吸うことができるので大きな遊戯人口の減少にはならないですが、少しは影響がある可能性があります。

また、わざわざ喫煙者は喫煙ボックスや外に行って吸う必要があるのでその分稼働時間が減る可能性があります。お店にとっても、稼働時間が減るという事は利益が減少する可能性があります。

 

このようにデメリットもあります。ただ、メリットもあるので、健全化を目指すのであれば大きなプラス要素になります。既に多くの公共施設が禁煙化となっており、その流れに沿って今回は大がかりな禁煙化に向けての活動になっています。まだ、2年後ですが、パチンコ店にとっても少しずつ取り組む必要があります。