パチスロ6号機の爆発力とは

パチスロ6号機の新台導入日が日に日に近づいていますね。

 

おそらくAT機種がまずは登場すると思いますが、AT機種が作れるようになってどれだけの爆発力があるのかについてお話します。

 

5.9号機は、ARTだったのでどうしても爆発力には欠けていますね。純増が遅いので夜からの実戦には向かない機種でした。6号機はどうなるのかについてお話します。

目次

 

 

爆発力はない

 

6号機の爆発力ですが、残念ながら爆発力には期待できないですね。

 

例えば1日打って万枚というのはほとんど出ないと思います。高設定であれば、5千枚以上の出玉を確保するのはありそうですが、低設定の爆発力は低いと思いますね。

 

たしかにAT機の復活は爆発力を期待したい所ですが、みなさんがご存じのように出玉の制限が5.9号機よりもかかるので爆発力という意味では5.9号機よりも落ちる可能性があります。

 

一撃2400枚が限度としてあり、さらにゲーム数による機械割の審査も厳しくなっているので爆発力というのではなくて、マイルドな機種になりそうです。あまり負けないけど、大きく勝てないみたいなもんですね。

 

あまり負けないかは実際に打たないと分からないですが、あまり勝てないというのは合っていると思います。AT機復活という意味で爆発力を期待している人もいますけど、そこまで期待しない方が良いです。

 

瞬発力は向上

 

爆発力はないですが、瞬発力は向上します。

それが、AT機の魅力ですね。純増が3枚以上の機種も出てくるかと思います。たしかに出玉制限はありますが、2千枚クラスを短時間で出すというのは、ありそうですね。

 

もちろん、機械割の各ゲーム数による規定があるので、旧基準機よりは瞬発力で劣りますが、5.9号機よりかは向上するので夜の実戦だけという人に向いています。6号機からは長時間勝負よりは短時間勝負でメリットを感じるかもしれないですね。

 

最近はARTメインで純増もあまり良くなかったですから、この6号機というのは仕事帰りのお客さんに良い評価をもらえる可能性があります。

 

一撃2400枚は多いのか少ないのか

 

ここで考えておきたいのが一撃制ですね。

 

一撃2400枚ははたして多いのか少ないのかということです。実際に一撃で2400枚出れば満足ですよね。特に仕事帰りの人は。つまり、2400枚の上限というのはあまり気にしない方が良いと思います。

 

たしかに、上乗せしまくったり、AT終了間際でフリーズなど引くと本来であれば一撃5千枚狙えたのにそれが2400枚で終わるというのは、悔しくなりますがあまり欲を出さないようにすれば問題ないと思います。そもそも一撃2400枚はそう簡単ではないですし、あくまで遊戯ですから欲を出し過ぎてしまうとダメです。

 

2400枚じゃ満足できないという気持ちではなくて、それぐらい出れば十分だという気持ちの変換が必要です。そうすることができれば6号機ともうまく付き合っていく可能性があります。パチスロをこれからはギャンブルではなくてちょっとしたお小遣いが出来る遊戯だという認識が良いですね。あくまで勝つことが条件ですが、負けている人も気晴らしの遊戯程度に気持ちを変えていく事がお勧めになります。

 

関連記事

 

patisuronosyourituenjoy.hatenadiary.jp