パチスロは引きでなんとかなる

こんばんわ。

パチスロで勝つためには引きが重要である事は間違いないと思います。

例えばフリーズを引けば出玉の上では大きなプラスです。また、重要な所で強小役を引く事で、上乗せや特化ゾーンなどに入りやすく、どれだけ重要案所で引きを出すことができるのかは重要です。

 

しかし、パチスロは引きでなんとかなるというのでは到底勝つ事は出来ないです。

目次

 

 

引きだけでは勝てない

 

パチスロは引きというのはかなり重要ですね。例えばフリーズを1日に2回引くだけでも負ける可能性は低くなります。

そういう意味では、1日単位で見れば引きでなんとかなるでしょう。万枚というのは引きが伴わないと難しいです。

 

しかし、引きというのは常に良いわけではなくて引きがまったくないときもあります。つまり、長期的に見れば引きだけでは勝てないのです。後何が必要なのかというと設定ですね。

 

設定が良ければ多少引きが悪い場合でも、勝てる可能性は十分にあります。逆に低設定を打ってさらに引きが悪ければ大負けになります。これは、みなさんもご存じだと思います。引きがない時は設定にフォローしてもらい、設定が良くて引きも良ければかなりの出玉が確保できます。このように、高設定打つ頻度を上げることによって、引きが悪い時でも負けるリスクを軽減できます。

 

ARTは引きという人もいる

 

ARTは引き次第で何とかなるという人もいます。実際にART中の引きが良ければ初当たりが悪い時でも、勝つ事は可能です。一撃2千枚を何度か起こす事で、初当たりの悪さをフォローできます。

 

しかし、これも常にARTの引きが良いわけではなくて、低設定を多く打っていしまうと引きが良ければ勝つこともありますが、引きが悪い時は大負けになります。低設定は初当たりが悪いので、誤爆する確率も低いです。初当たらりを引かなければ意味がないですから、ARTは引きでなんとかなる場合もあるけど、負ける方が多いです。

高設定は初当たりが優遇されているので、出る可能性も高くなります。例えART中あまり伸ばせなくても、初当たりが軽ければ投資が少ないので、勝てる可能性は十分にあります。

 

ARTもノーマルタイプと同じように、高設定を打たなければ勝てないです。ただ、中間設定でも丈夫できるのがARTの良さです。

ノーマルタイプよりも機械割が良いので十分に勝機があります。制定でも設定3以上座るように設定判別しながら立ち回るようにしましょう。

 

ノーマルタイプは設定

 

さて、ARTは低設定でも引き次第で何とか勝てる可能性はあります。しかし、ノーマルタイプは引きだけでは厳しいです。

あくまで設定に依存している機種ですから、引きでなんとかなる物ではないです。もちろん、BIGの引きが良ければ低設定でも勝てる可能性はありますが、1日打てばボーナス確率が落ちることが多いです。

 

ノーマルタイプで勝っている人は、常に高設定を追いかけています。ジャグラーなどはオカルトなどが多く、ハマっていれば連ちゃんするという人もいますけど、基本的にはまればその後連ちゃんするわけではなくて、高設定ほど連ちゃんしやすく低設定程連ちゃんしにくいです。

 

ノーマルタイプはオカルトなしに、あくまで高設定を追いかける事だけ意識します。ノーマルタイプで引きという言葉を使う事態負ける方向へ進みやすいです。ジャグラーなどは高設定を入れているホールも多いですから高設定を打てることはあるはずです。