大手パチンコ店の特徴とは

パチンコ店には、大手と中小という二極化が進んでいます。

 

大手パチンコ店は、利益率も高いですし、売上がすごいですよね。それだけ多くの人が訪れている証拠です。そこで、今回は大手パチンコ店の大まかな特徴をお話しますから、大手パチンコ店が自分に合っているのか照らし合わせてみてください。

目次

 

 

出玉以外でもしっかり還元している

 

さて、大手パチンコ店の特徴と言えばサービス精神が素晴らしいという事ですね。

接客力

食堂の質の高さ

遊戯台の設備

 

など、施設設備と接客に力を入れている特徴があります。

接客はしっかりとマニュアル化されており、アルバイトから正社員まで徹底してマニュアルを守って質が高い接客を行えるように意識している事が多いです。

 

場合によっては、礼の角度にも注意を払っているホールもあります。

 

次に、食堂のメニューが多かったり、美味しかったりするのも特徴ですよね。後はデータランプや椅子などもお客さんが少しでも遊戯しやすいように力を入れている部分です。マンガやソファー、マッサージ機、ミネラル水、おしぼり、などさまざまな部分に力を入れています。

 

もちろん、これらのサービスは中小企業のパチンコ店も最近はかなり力を入れて言いますが総合的に見るとまだ大手の方が上を行っている感じです。

 

遊戯しやすい環境だからこそ多くのお客さんが訪れるという事ですね。出玉が満足できない大手ホールもありますが、出玉以外の部分で還元している事が多いのでその点を見ればまったく還元していないというのは間違っています。

 

サービスも出玉もすべてにおいて還元するというのは、さすがに大手と言えども厳しいです。やはり出費も多いですからしっかりとそれをフォローできる利益を確保しなければいけないです。今の時代は綺麗で遊戯しやすい環境が求められています。いくら設定が入っていても接客の質が悪かったり、施設環境が悪いですとなんだか遊戯したい気持ちにならないですね。それだけ設備や接客などの出玉以外のサービス面が今は重要になっています。つまり、大手はそこに着目して少しでも質を上げるように還元してくれているので、その取り組みを私たちは理解しなければいけないです。還元というのは出玉だけではないのです。

 

設定は環境によって違う

 

さて、大手パチンコ店の設定状況ですが、これは環境によって大きく違います。

 

基本的には、大手パチンコ店は稼働を重視することが多いです。つまり、一人のお客さんが少しでも長く遊戯してもらおうと考えているのです。

 

そこで、メリハリが付いた設定よりは、中間設定を多く使う設定の方が一人のお客さんが長くパチスロを楽しんでもらえますよね。メリハリがある設定ですと一部のお客さんしから長く遊戯してくれないデメリットがあり、売上が伸びないです。

 

設定2から設定4をメインに扱っている事が予想されます。設定4は設定アピールに使えますし、設定1をなるべく使わないことによって凹み台を少なくできるメリットがあります。

 

これは、あくまで基本的な考え方です。

 

大手ホールでも、場合によっては高設定の台数を多くしてメリハリが谷なる事もあります。

その条件としては、周りに競合店が多い、新しい店で今後地域ナンバーワンを目標に掲げているお店です。

 

いくら大手ホールでも、周りに出玉が優秀なホールが多く存在している状況では、出玉をアピールしなければ客が思うように伸びないです。つまり、高設定をなるべく多く導入して、周りの強豪店に勝つという事ですね。

 

また、地域ナンバーワンを掲げている新しいお店は稼働を上げる必要があるので、高設定の導入数が増える可能性があります。大手ホールは、状況に応じてうまく設定を組み込んで、営業しています。それだけ戦略的であり、大手まで成長してきた証でもあるのです。

 

大手の良さを最大限に活かそう

 

大手パチンコ店は基本ていに、サービス面で優れています。

つまり、気分良く遊戯したい、楽しく遊戯したいという人にとっては大手の環境は合っています。

 

遊びやすい設定にしている大手ホールも多数存在しますから、娯楽施設としての条件は整っていると言えます。もちろん、勝てるかどうかは別問題ですが、遊戯しやすい環境にはなっています。

 

また、設定狙いをしたい場合は、強豪店があるホールや新しいお店の旧イベント日を狙って稼働するのがお勧めです。大手ホールの中には、中間設定メインというよりも高設定を多く導入してくれるホールもあるので、場所によってはしっかりと設定狙いが出来る可能性が高いです。