好きだから打つという思考を止める

こんばんわ。

 

パチスロというのは一つの遊戯であり、趣味でもありますね。好きだから打つというのは多くの人が思っていると思います。

 

しかし、好きだから打てば勝てるというのは甘い考えということになります。パチンコ店も利益を上げるためにどれだけお客さんに負けさせるのかを考えることになるので、好きだから打つという気持ちだけでは勝つ事は不可能です。

目次

 

 

好きだから打つの思考を変える

 

どうせパチスロを打つのであれば、好きな台を打ちたいですよね。

私もその意見には賛成です。あまり好きでない台を打っても面白くないですし、あまり良く分からないので飽きてしまいますね。

 

いくら高設定でも飽きてしまうことが多いです。しかし、好きな台ばかりを打つのは勝利を考えるとあまり適さないです。好きな台だけ打って勝つというような甘い考えではパチスロは勝てないです。

 

もちろん、好きな台の高設定狙いを積極的に行って楽しむというのも大事ですが、場合によっては機種に限らずにプラスになる台があれば打つというスタンスが大事です。また、好きな台でも低設定は打たないという我慢強さも大事です。

 

 

依存度を高くしない

 

好きな台を打つ人が多いですが、特定の機種の依存度が高くなると、例え低設定でも打ってしまう可能性があります。

 

また、朝一は必ず自分の好きな台を打つことになり、好きな台ばかりで立ち回って立ち回りが狭くなります。自分の好きな台がジャグラーバジリスク絆などメイン機種であれば、高設定を積もれる可能性も出てきますが、メイン機種でない場合は、どちらかというと高設定より低設定を打つ頻度が高くなるので負ける可能性が高くなります。

 

また、メイン機種であっても依存度が高くなっていると、低設定でも打つことが多くなり収支が良ならないです。依存度を下げることが必要ですし、なるべくさまざまな機種の情報を得て、自分が興味が持てる機種を作ることも大事です。そうすると、立ち回りの幅が広がりますし、さらにパチスロを楽しめる可能性があります。特にメイン機種のおもしろさを知る事は大事です。

 

スロプロでさえ苦戦している

 

今のパチスロはスロプロでさえ苦戦しています。

 

状況が厳しくなっていますし、高設定狙いも飽和状態であり、天井の期待値も下がっています。そんな中自分の好きな喜寿だけ打って勝って楽しむというのは虫が良すぎるというか考えとしても少し甘いです。

 

スロプロでさせ厳しい状況を理解して、好きな機種だけ打って勝てるわけがないという気持ちを持つことが必要です。自分なりにパチスロで勝つために向き合って、勝ちながた楽しむことによってもっと良いパチスロライフが出来ると思います。