アイムジャグラーを朝一から攻められる状況

こんにちは。

アイムジャグラーはメイン機種であり、朝から攻める人も多いですね。特に旧イベント日など設定が期待できる場合は、アイムジャグラー高設定狙いは勝負をする上ではありです。

 

そこで、アイムジャグラーを朝から攻められる状況とはどのような状況下というのを今から説明します。

目次

 

 

約3分の1が高設定

 

アイムジャグラーの朝からの実戦で安定して勝つためには、約3分の1が高設定というのが1つの状況になります。

40台あれば12台から15台ぐらいは高設定の可能性が高いという状況ですね。でも、実際朝から攻める時に客側がどれだけホールが設定を使ってくるのか分からないですよね。

 

そこで、役に立つのがデータとりです。データを毎日とっていつジャグラーに設定が入りやすいのか見極めていく必要があります。基本的には旧イベント日がメインになりますがホールによっては特定の日にジャグラーに力を入れている所もあります。

 

良くあるのが5日に設定を入れてくるパターンですね。データを取ることによってホールがいつジャグラーを強くしているのか分かる場合があります。一番重要なのが旧イベント日ですね。ここではアイムジャグラーに設定を入れてくるホールが多いです。

 

毎回、閉店前の履歴をデータ取りするだけでジャグラーの設定状況は分かります。データを取った上で3分の1入りそうな日に朝一攻めることになります。

 

逆に3分の1以下の場合は、リスクの方が高くなるので他の機種を狙うか、昼からの実戦が良さそうです。

 

なぜ3分の1なのか

 

なぜアイムジャグラーの朝一設定狙いは3分の1以上の高設定が必要なのかという事ですが、単純に機械割が低いからです。

 

アイムジャグラーは設定6で105%設定5で102%しかないです。つまり、高設定の絶対数が少ない状況で朝一から攻めると高設定に座るまでに投資が多く必要になり、高設定に座れなかった場合は最悪です。

 

また、座れたとしても何台も打ち散らかした後に座ってる状況では勝てる所かマイナス良くてプラマイゼロです。つまり、機械割が低いから高設定の絶対数が多いことが条件です。

 

しかし、いくらアイムジャグラーの機械割が低いからといってばんばん設定を入れてくるホールは多くないです。3分の2や2分の1以上高設定を入れてくるホールは極めてまれです。つまり、そこまでランクを落として3分の1にします。これぐらいならやや優良店のホールであれば十分可能性があります。

 

癖があると高設定を積る事は簡単

 

高設定の絶対数が多く、さらに癖があるホールであればアイムジャグラー高設定を積る事は簡単です。

 

例えば語尾番号に癖がある、角台が強いなどちょっとでも癖があるホールの場合は攻めやすいですね。しかも高設定の絶対数が多い場合はさらに攻めやすいです。

 

いくら癖があっても、高設定の台数が少ないホールは攻めにくいです。角台が強くても角台すべてが高設定というわけではなくて、1台や2台のことが多く、なかなか積れないです。また、高設定の絶対数があっても、癖がまったくないホールも攻めにくいです。

 

しかし、高設定の絶対数が少なく癖があるホールよりも高設定の絶対数が多く癖がないホールの方が攻めやすいです。基本的には高設定がどれだけ導入されているかが朝一は影響してくるので、とりあえず絶対数が多いホールを探します。

 

アイムジャグラーであれば、高設定を多く入れてくるホールはあると思うので、攻めやすい機種ですね。しかもライバルも少なく、特に専業が狙わない機種の第一候補ですのでここでアイムジャグラーに力を入れることによってかなりの収支をたたき出せる可能性があります。

 

ジャグラー好き、パチスロが上手い自信がある人はアイムジャグラー高設定狙いをしていくのがお勧めです。