パチスロで目押しは必要

スポンサードリンク

パチスロで勝つためには、基礎技術が必要になることがあります。

その1つが目押し技術になります。小役をしっかりとフォローすることがコインを獲得するために大事であり、ボーナス察知手順がある場合は、察知手順を理解して、早くボーナスを揃えられるようにすることが必要です。

目次

 

 

目押しは難しくない

 

今のパチスロにおいては、目押しがかなり難しい機種は限られています。

 

目押し技術のレベルが高い機種と言えば、ディスクアップやクランキーコレクション、花火などがあります。

 

これらはある程度の目押し技術が必要としており、目押しが不十分ですと機械割がかなり下がる可能性があるので注意が必要です。

 

ただ、目押しが難しい機種はごく一部であり、基本的には目押しは難しくないです。ARTなどは、スイカやチェリーをフォローしなければいけない機種が多いですが、リールが見にくい事は少なく、目標の絵柄が見やすくなっているので多くの人がちょっと練習すればスムーズに目押しが出来るようになります。

 

Aタイプは、目押しが難しい機種がいくつかありますが、メインとなっているジャグラーやハナハナなどは目押しレベルは低いですから、そこまで深刻に考える必要はないです。

 

目押しは、機械割を低下させないために必要になるので、勝つことが目的の人は目押しレベルを上げるように努力します。

 

ボーナス察知手順

 

パチスロの中には、ボーナス察知手順を理解する事で、早くボーナスを揃えられる機種もあります。

 

ボーナスは、リーチ目や小役が揃った時に主に可能性があるので、リーチ目や熱い小役が揃った時は念のためボーナス察知手順をするのが効率的です。

 

ボーナス察知手順は、機種によって違うので機種の解析情報を見て学ぶ必要があります。もし、ボーナスを早く揃えることが出来るようになると、それだけコインロスしないので機械割を上げることが可能です。

 

ただ、ボーナス察知手順をすると演出が最後まで見れない可能性があるので、演出を選ぶか、早くボーナスを揃えて機械割を上げるかは好きな方を選びます。

 

目押しが必要ない機種

 

パチスロは目押しが必要な機種が多いですが、目押しが必要ない機種もあります。例えばゴットやバジリスク絆などがあります。これらは左から適当に押しても小役を取りこぼす心配がないので目押しが出来ない人でも手軽に打てます。

 

どうしても目押しが苦手な人は、目押しがほとんど必要ない機種を打つのもありですね。ただ、ゴットは非常に荒い機種になるので目押しが必要ないから打つのではなくて、自分に合っている機種なのか解析情報を見てから打つようにします。

 

目押しが苦手だから目押しがあまり必要ない機種を打つというだけで台選びをすると悲惨な目に合うことがあります。