20スロの養分打ちは損をするだけ

スポンサードリンク

20スロは今ではパチスロの基本となっており、5スロが増えてきた状況でも20スロがメインとして成り立っているお店が多いです。

 

プレイヤーにとって20スロはメリットもありますが、養分打ちするのはデメリットばかり感じることがあるので、養分打ちをどれだけ辞められるかが大事です。

目次

 

 

20スロは投資金額が大きい

 

20スロの特徴の1つが、投資金額が多いという事ですね。1枚20円でメダルを借りることになり、1G回すのに60円です。1000枚負ければ2万円が飛んでいきます。もちろん、回収できるお金も額が大きく1000枚勝てば2万円勝ちですね。

 

このように、良かれ悪かれ金額が大きいというのが20スロの特徴です。ここで注目したいのが負ける額ですね。

 

もし、養分打ちをして低設定を粘っている機会が多くなると、負ける可能性は高くなります。ジャグラーの設定1ですら1日6万円ぐらい吸い込むことがあります。千枚負けなんてざらですね

 

養分打ちをする事で、千枚から3千枚負けなどの頻度が大きくなるので、月刊収支が-20万円ぐらいになる事もあります。つまり損をしている事になります。ちょっとした損ではなくて、大きな損ですね。負けても自分の好きな機種を打っているから問題ないという考えの人にも何もいう事はないですが、負けると腹が立つ、生活に支障が出て困るなど少しでも後悔したり、嫌な気分になる人は大きな損をしている事になります。

 

大きな損をしたくないという人は、20スロでは養分打ちをしない事です。

 

5スロはどうなのか

 

5スロも当然負けると損をします。養分打ちをすると20スロと同じように負ける頻度が高くなりますね。

 

しかし、負けた時の金額が4分の1ですので、20スロの千枚負けは5スロで言うと5千円負けですね。たしかに損をしていますけど、趣味としてのお金と考えるとまあありなのかと思える範囲です。

 

20スロの負け額は趣味としてのお金という点では納得できないので、負けた時は5スロよりも20スロの方が圧倒的に損をする事になります。

 

養分打ちをしたいのであれば5スロで行い、20スロを打つ時はあくまで勝ちを目指すことが良いです。20スロで大きく負ける事は、致命的になりあなたの気持ちの部分をネガティブにします。パチスロは勝ち方というのがあるので、20スロを打つ時は養分打ちではなくて、少しでも勝てる台を打っていくようにします。

 

パチスロ依存症の改善

 

20スロの養分打ちをしないようにするためには、まずはパチスロの依存度を低くする事です。

 

パチスロ依存症は1つの社会問題になっていますが、依存度が高くなると自分が好きな機種を少しでも長く打ちたい気持ちが強くなり、例え設定が入っていなくても打ってしまいます。

 

また、単純な理由で座る事が多いです。例えばグラフが下降しているから多少はこの後伸びてくるはず、周りが何台か出ているからこの台も出そうというようになんだかんだ打つ理由を見つけて打ってしまいます。理論的な考えではなくて、あくまで主観だけで考えて、台の立ち回りをしてしまうリスクがあります。

 

しかし、依存度が低くなると理論だけで立ち回れる事も可能であり、勝てそうな台がない時は、勝てそうな台があくまで待てたり、なかなか見つからないときは今日は家に帰宅するなどの選択も出来るようになります。断言すると、パチスロ依存症になっている人は勝つ事はほとんど出来ないです。パチスロは立ち回りがすべてですので、どれだけ的確な判断が出来て、パチスロの依存していないかがポイントです。