バジリスク絆は甘くはない機種

スポンサードリンク

こんばんわ。

 

今でも、バジリスク絆はかなりの高稼働ですね。おそらく、今年いっぱいはメイン機種として活躍すると思うので、まだ半年ぐらいはこのような状態が続くでしょう。

 

バジリスク絆は甘いという人も多いですが、決して甘くないことに注意が必要です。

目次

 

 

甘い理由

 

多くの人が甘いと言います。ホール店長の中でもバジリスク絆は甘い断言する人もいました。では、その甘さはどこからくるのかまずはその点を説明します。

 

まずは、機械割に注目です。注目するのは設定4以上ですね。

 

設定4でも107%あり、設定6は119%ですね。これは、他の機種と比べてもかなり高い機械割ですね。特に設定4でもジャグラー高設定と同じですので、ジャグラーの設定6を打っているのと変わらないぐらいになります。アイムジャグラーの設定6が106%ですからそれをしのぎますね。

 

これだけ見てもいかに設定4以上の機械割が高いのか分かります。結果的にバジリスク絆は甘いという事です。設定4さえ積もれば一日勝負出来るという事です。

 

また、甘いという実情には一撃性も秘めています。例えばストック特化ゾーンもありますし、フリーズも比較的制能は高いです。純増も高く、比較的出やすいというイメージですね。

 

実際、私もこの台は多く打ってきましたけど、天井狙いでも一撃3千枚などを何度も記録していますし、設定4以上確定演出が出た台では負けたことがないです。私の場合は、運もあり、相性も良かったと思いますがそれだけこの台のスペックは高いという事です。

 

このような感じなので、甘いと言われても不思議ではないです。

 

甘くはない部分

 

さて、甘い部分を簡単にお話しましたけど、実際に甘いのかと言われると疑問が湧きます。

 

まず、設定1と2の機械割は高くない事です。特に設定1はどちらかというと辛いですね。良く絆のグラフを見て、右肩下がりのグラフも多いですよね。ひどい時には3000Gでバジリスクタイムが1回だけというのも見たことがあります。設定1はとにかくby時リスクタイムの突入をスルーしまくり、10回近くまで持っていかれることも珍しくないです。

 

3000Gでバジリスクタイム1回では既に6万ぐらい投資していてもおかしくないですね。このように、低設定があまり甘くないので収支を上げるのが難しいと思っている人もいます。ホールにある設定の多くが低設定だと過程すると、朝から狙うのは旧イベント日ぐらいにしておいた方が良いでしょう。

 

また、設定4の機械割が高いと言いましたけど、設定4だから安定するとは限らないです。設定4でも-4000枚クラスを見たことがありますし、投資が多くなることも珍しくないです。油断は禁物だという事ですね。たしかに設定4の勝率は高いですが、勝てるとは限らないという事です。機械割に目が行きすぎるとがっかりする可能性があります。

 

プレミアフラグを引けなければ機械割も下がります。あくまで、公表されている機械割はプレミアフラグを引いた場合の過程の元で出ているので、その点も考慮する必要があります。

 

ただ、設定6は勝率も高く、安定しているので設定6を打てるかがポイントですね。

 

天井狙いに関してもそこまで甘くはないです。10回チャンスをスルーすると11回目のバジリスクチャンスで必ずタイムに入ります。しかも、次は天国確定ですので、1回目のバジリスクチャンスでバジリスクタイム当選確定です。ただ、テーブルNでなければ11回目まで行かないので、それ以外のテーブルの場合は、10回目のチャンスでタイムに入ります。

 

いくらスルー6回ぐらいから打っても、10回目まで持っていかれると投資がかさみ厳しいですよね。天井狙いで4万以上負けることもあります。天井の恩恵も高くないので、この点でも絆は少し辛いのではないかと思います。

 

設定が入りやすい機種

 

以上のように、甘さと辛さを簡単にお話しました。たしかに甘くはないですが、辛くもないのかなという感じですね。

 

また、設定6は甘いです。打ったことがある人は分かると思いますが、理論上設定6の勝率は90%以上なので、ほとんど負けない計算です。しかもメイン機種として稼働しているので設定も入りやすいです。この事を考えると設定6が打てる可能性が高い機種ですので、積極的に狙っていくのは間違ってないと思います。

 

ただ、設定4の場合は、安定感という意味ではそこまでないので、設定4を粘る時には負けても仕方がないという気持ちで打つ方が良いでしょう。今の機種の中では設定が入りやすく、しかも一撃制もある機種なので、人気があるのも分かりますね。アニメ自体もおもしろいですし、今年いっぱいはバジリスク絆を狙っていく立ち周りは正しいと思います。