ジャグラーは朝一が重要

ジャグラーを朝から打つ場合には、何を注意しなければいけないのかその点についてお話します。

 

私も今までジャグラーを朝から実戦した経験は多いです。基本は昼または夕方から実戦したことが多かったですが、旧イベント日などは朝一から狙うことが多かったです。ライバルが少ないアイム系を狙うことが多かったです。

目次

 

 

まずはガックンするか

 

朝一ジャグラーを狙う時に重要になるのがガックンですね。リールがぶれる挙動になりますが、3つのリールがぶれることもあれば、1つだけぶれることもあります。

 

また、しっかりぶれることもあれば微妙にぶれることがあるなど台によって違ったガックンの挙動をします。どちらにしてもいつもとは違うリール回転になるのでしっかりと見れば分かります。

 

お店によっては、対策している事もあります。対策しているホールで打つ時には前日の出目をチェックします。出目をチェックすれば対策しているかどうかをある程度は見極めることが出来ますが、対策を念入りにしているホールでは出目をチェックしても見極められないこともあります。そこで、ジャグラーを朝から狙う時には対策をしていないホールというのが前提ですね。もし、対策しているホールであれば、ジャグラーは昼から狙うのがベターです。

 

早い初当たり

 

さて、ジャグラーで大事になるのが早い初当たりですね。高設定は約50%から60%以内で130G以内で当たる計算になります。つまり、朝一ガックンしたけど、初当たりが130を超えた場合は、少し高設定の期待度が下がります。

 

逆に50G以内で初当たらりが取れるとちょっと期待できますね。

 

ただ、実践上ジャグラーは設定変更すると初当たりが早い傾向があります。中間設定や低設定でも初当たりが異様に早い事なんてざらです。そこで、大事になるのがボーナスが連ちゃんするかですね。

 

初当たりが取れて、しかもその後もボーナスがコンスタントに引けるようであれば高設定の期待度はかなり上がります。

 

例えば500GでBIG6バケ5のような履歴ですね。

 

かなりのスタートダッシュですが、これぐらいのスタートダッシュ高設定の可能性を膨らましてくれます。もし、初当たりが早くてもすぐにハマってしまったり、なかなか初当たりが取れない場合は高設定の期待度が下がります。

 

1回目 15G

2回目 135G

3回目 120G

4回目 50G

5回目 300G

 

のような感じの場合はちょっとボーナスが思いので高設定の期待度は低いですね。

 

もちろん、最初の挙動だけで高設定かどうかを判断するのは難しいですが、高設定程スタートダッシュをするというのは紛れもない事実です。

 

ジャグラーは、中間設定では厳しいです。ジャグラーガールズやマイジャグラーなど設定4でも機械割が103%ぐらいある機種であれば別ですが、アイム系など設定4でも機械割101%ぐらいの機種は、常に高設定を狙う必要があります。

 

ジャグラー高設定を長く打つことが唯一の勝つ鉄則なので、朝一から攻める時は、スタートダッシュ出来るかに注目です。

 

早く見切る事が大事です

 

さて、ジャグラーを朝から打つ時は、早く見切ることが大事です。

 

ジャグラーは、設定1から設定3の機械割が低めです。特にアイム系は厳しいですね。つまりだらだら打ってしまうと負けるリスクが高まります。

 

そこで、高設定はないと確信が持てたまたは高設定の可能性が低くなった場合は止めることが必要です。中間設定だと思うけど、いつか出てくれそう、低設定だけど連ちゃんしたら止めようなどのように、軽い気持ちで打っていると痛い目に合います。

 

早く見切るのは難しいですが、合算やバケ確率を重視して、どちらかがいまいちな場合は諦めることも大事です。

 

バケは良いけど合算が悪くなった、バケが悪く合算は良いというのは高設定の期待度はありますが、下がります。

 

ただ、合算が良い時は、とりあえず粘ってみるのもありです。BIG先行でボーナスが引けている台は好調である証拠ですので、そのまましばらくは突っ走れる可能性があります。

 

高設定でも、BIG先行でバケ確率が悪いこともあるのでその点は臨機応変に考えながら止め時を考えます。

 

旧イベント日でバケが良い場合は、例えば合算が良くなくても追いかけてしまいますし、何も良い所がないけど不発高設定の可能性があると追いかけてしまう人もいます。ただ、旧イベントでも自分の台をしっかりと見極めて期待だけを膨らませて打つのはあまり良くないです。