減台された台は設定状況が期待出来ない

こんばんわ。

 

さて、パチスロは新台入替が敏感に行われますね。だいたい1カ月に2回から3回ぐらいが多いです。そんな中、当然減台されるパチスロもあり減台された機種は、今後設定状況が悪くなる可能性があります。

 

つまり、減台されたパチスロはなるべく狙わないというのが基本です。

 

減台される理由

 

さて、パチスロは新台入替などによって減台される機種もあります。

 

例えば今まで5台あったけど、2台に減ってしまった場合ですね。このように減るというのは、お店側が今後力を入れないという意味でもあります。

目次

 

 

なぜ減台されるのか

 

○稼働が減ってきた

○店としてあまりおもわしくない台

○もっと期待できる台が入ってきた

 

などさまざまです。

 

一番の理由は、稼働が減ってきたという事ですね。稼働があまりないのに5台や10台置いていても売上が伸びないので、それなら新しい台を入れて稼働を上げた方が得策です。

お店にとって稼働が重要ですから、稼働率を重視しています。メイン機種は多少稼働が低くなっても置いておくことが多いですが、10台未満の場合は、稼働がなくなってきたら減台というのが基本です。

 

設定を入れて稼働を伸ばすこともありますが、お客さんがかなり離れてしまっては設定を入れても稼働が伸びる可能性が低いですし、設定でアピールするにはそれだけ負担が大きくなるのでそんなリスクは負わない所もあります。

 

もうバラエティに行けばそれなりに稼働が落ちてしまったということでしょう。

 

また、お店にとってあまり都合が良くない台も減台されることがあります。

 

例えば低設定でもなかなか利益が取れなかった、逆に設定を入れてもあまりでなくてアピール出来ないなどお店が扱いにくいような台も減台される事は多いです。ゴッドなど荒い機種でも人気がある台は多くの台を設置していますが、メイン機種でない場合は、数か月ぐらいで撤去というのもありますね。

 

特に甘すぎる機種は減台または撤去されることが多いです。

 

減台されるという事はお店は力入れない

 

さて、減台されたという機種はさまざまな理由がありますが、基本的にお店は力を入れなくなります。また、お客さんも減台されたという事は、今後設定が入らないのではと敬遠することも多いので、さらに稼働率が下がる可能性があります。

 

そうなると、お店側も設定が入れにくい状況になります。特に稼働率があまりない状態では、旧イベント日など人が集まる日でも高設定というのはほとんど考えられなくなります。良くて中間設定でしょう。

 

ただ、台数が減ってもそれなりに稼働があれば十分高設定を入れてくる可能性があります。ただ、メイン機種と比べるとその頻度は少ないでしょう。基本的に減っていけば設定1または2というのが基本です。

 

勝負で勝つためには、わざわざ設定状況が悪くなるような機種は打つ必要がないので、減台された台はあまり朝一から手を出さない方が無難です。

 

バラエティに行けばお疲れ

 

さて、減台されてもまだ複数台あれば、少しは設定にも期待は出来ますが、バラエティに行けばお疲れ様です。

 

バラエティは、基本的に設定状況は悪いですね。設定1がメインです。つまり、バラエティに行けば設定状況がかなり悪くなるので、打つ必要はまったくないでしょう。バラエティを打っている人は、設定狙いと言うか自分が好きな機種を打っている事が多いので、お店としてもアピールする必要はあまりにないです。

 

中にはバラエティに力を入れているホールもありますが、ごく僅かであり多くの場合は設定と言うよりはさまざまな機種を置いて稼働率を増やそうとしている感じですね。バラエティは古い機種がメインですのである意味、魅力がありますね。

 

このようにパチスロというのは、

 

新台入荷 稼働がなければ減台 バラエティ行き 撤去

というのが基本的な流れです。楽しみたいのであれば自分が好きな機種を打つのもありですが、あくまでこのブログは勝率を上げるためのものですので、減台された台、さらにバラエティに行ってしまった台はあまりお勧めできないです。もし打つなら負け覚悟で打つのが良いです。