パチスロで大敗した時は忘れる事

こんにちは。

 

パチスロを長くしていると、どんだけ勝つための立ち回りをしても大敗してしまうことがあります。大敗とは一般的には5万円以上ですね。

 

また、勝つ立ち回りではなくて趣味打ちしている人はさらに大敗した事がある経験を持っていると思います。大敗した時に大事なことは、忘れる事です。

目次

 

 

大敗はメンタルの部分で痛い

 

さて、通常負けた時はなぜ負けたのかを考える事が必要です。

 

もし、間違った立ち回りをした場合は、反省して次からはどのようにして立ちまわれば良いのかを考えます。こうする事で同じ過ちを繰り返さない可能性が高いので、勝率もアップしていきます。

 

しかし、大敗した時はメンタル部分でかなりダメージを負っています。

 

例えば設定4以上打ったのに5万負け、8万負け、天井狙いしたのに5万負けなど立ち周りは間違ってないのに大負けしたらさすがにメンタルやられます。

 

このダメージを負ったまま、次の実戦をするとマイナス思考が働き、勝てる気がしないですよね。また、メンタルでマイナス思考になるとそれが立ち周りに影響します。これでは正常な立ち周りが出来ない可能性があるので、忘れる事が一番ですね。

 

大敗してもあまり気にしない事です。まあ、こういう時もあるかなという感じですね。後は、なんか楽しい事したりと、とにかくリフレッシュする事ですね。

 

立ち周りがぶれない事

 

もし、勝つための立ち周りをして大敗をした時には、立ち周りがぶれないようにもう一度、パチスロを向き合うことが必要です。

 

大敗すると、どうしても今の立ち周りが合っているのか、もう勝てないのではないか、今の立ち周りだとまた大敗しそうなどのように、気持ちがぶれてしまいます。

 

しかし、期待値がプラスの立ち周りをしている場合は、ぶれずに今まで通り期待値を追うようにします。パチスロは、あくまで機械相手です。設定6でも負ける時は余裕で負けます。天井狙いなんて勝率5割ないです。いちいち、負けた事を気にしてはやってられないという事ですね。

 

今でも勝っている人は、けっこう割り切っている人が多いですね。負けても大敗しても勝てる立ち周りをしているのだから問題ないという考えが強いです。

 

ここで、ぶれてしまうと勝つ事が難しくなります。

 

負ける立ち周りをしている場合は大敗の事を忘れない事

 

さて、勝つ立ち周りをしている人は、大敗したら忘れる事も大事です。

 

しかし、負ける立ち周りをしている人は、大敗した事を忘れずに、しっかりと負けた事を反省する必要があります。

 

負ける立ち周りは大敗しやすいですし、何も反省しなければまた大敗して自分が苦しい思いをします。養分になっている人は、早く養分から卒業して、パチンコ店なんかに負けないという気持ちが大事です。負けてもあなたが損をするだけですので、少しでも勝てるように負けるべくして負けた場合は反省して、次に活かしましょう。