6号機番長に期待する事とは

こんばんわ。

 

もうすぐ6号機番長が市場に導入されます。最近の台は勝ちにくいという印象が強く、特にARTに関しては厳しい評価が多いですね。

 

そこで、期待するのが6号機番長です。

 

業界だけでなくて、皆さんも期待しているのではないでしょうか?6号機が成功するためには番長が1つのポイントになりそうです。

目次

 

 

業界関係者すべてが期待している

 

ホールとメーカーどちらも6号機番長に期待していると思います。

 

特にホールは救世主になる台を待ち望んでいます。5.9号機は残念ながら救世主と言えるような機種はあまりなかったですね。それだけに、6号機番長には期待がかかります。

 

実際、前評判は高いですね。

 

純増5枚、天井ゾーンあり、ベースが50G近くとプラス要素が多いです。設定6の機械割が約112%と、ハナハナの設定6と同じぐらいのスペックですね。さすがに旧基準機には叶いませんが、思っていた以上にスペック面が優秀に仕上がっています。

 

ユーザーにとっても、番長は勝てるのではないか?純増5枚だから仕事帰りの人も打てるじゃんという声が多いです。期待通りの出来になっているのか、すべてはこの秋に分かります。台数は25000台ぐらいですかね。増大する可能性も十分にあると思います。

 

稼働率に期待

 

番長6号機に期待する事は、やはり稼働率です。

 

これだけ前評判が良ければ、稼働も期待出来ますし、新台初日は多くに店で稼働マックスだと思います。

 

当然、旧イベント日でも稼働マックスですし、土日祝日にも期待が持てる機種ですね。ただ、問題は持続できるかです。

 

番長3は、けっこう稼働率自体は悪くないです。しかし、ホールの中には番長3の稼働率が悪い所もありますし、絆みたいな稼働率というのは難しくなっています。

 

番長6号機は、絆に匹敵する稼働率を期待している人もいます。番長3よりも人気が出るのかに注目ですね。もし、絆みたいにコンスタントに高稼働になれば、ホールにとっても利益を確保しやすくなり、その分設定を入れられる可能性があります。半年後、一年後とどれだけ稼働しているのかに注目してほしいですね。

 

番長が良ければ6号機に期待出来る

 

番長6号機の出来は非常に重要です。

 

もし、稼働率が高く、さらに人気が持続して評判が良ければ今後登場する6号機にも期待できる事になります。

 

逆に番長が期待外れまたはそこまで大したことなければ今後の6号機に影響します。それだけ番長6号機は注目されていますね。

 

ホールに導入されれば、アプリも登場する可能性がありますね。番長シリーズはアプリ化されているケースが多いので、アプリで人気が上がるとさらにホールの稼働も高くなります。

 

出玉だけでなくて、どれだけおもしろいゲーム制になっているかが大事ですね。私も、まだ実戦動画などは見ていないので感想というのは言えませんが、システム的には期待できるかもしれないです。

 

遊びやすく、しかも出玉感もそれなりに期待できるというイメージです。やはりベースが50QG近くあるので負ける金額が少ないというのが大きなメリットですね。ただ、実際にホールデータを多く見なければ分からない部分が多いです。この秋は番長がどれぐらいの出玉感なのか、グラフにも注目していきたいですね。