パチスロボーナス50%規制はあまり影響がない

パチスロにおいて新しい規制が発表されましたね。

 

どうやらボーナス区間が50%を超えないようにしていくという感じのものですが、2019年ぐらいからの規制になりそうですね。

 

この規制はおそらく5.9号機の純増5枚を実現させたボーナス型のルパンによる規制だと思います。

 

そこまで影響はない

 

今回は、ルパンに対する規制だと思いますが、やはり5.9号機の規制をうまくかいくぐったような感じの出来でしたね。ただ、この上手さがお上の方のご機嫌を損ねてしまったようです。

 

5.9号機のルパンはそれなりに稼働がある機種であり、またこのような機種が出てくるのでは思いましたけど、今回の規制でその可能性もほぼなくなりましたよね。気になるのが他の機種に影響が出るのかという事ですが、沖ドキタイプやリノタイプのようなボーナス連ちゃんで増やすタイプが可能かという事ですが、ほとんど問題ないと思います。

 

そこまでボーナスの比率高くなり連ちゃんを重ねるような事はほとんどないですし、あくまでボーナスを偏らせているだけなので多少は影響出る事もあるかもしれないですけど、これぐらいでは影響というのはないと予想しています。

 

今回の規制の動きは早かった

 

今回の規制の動きは早かったですね。それだけ、ルパンのスペックが5.9号機に反していたという事でしょう。

 

また、このような上手く規制を交わしていく行為はまた警察のご機嫌を悪くしてしまって規制に繋がります。せっかく、6号機も当初よりも少しだけ規制が緩和されたので、これ以上規制されては困るというパチスロ業界の気持ちの表れでしょうね。

 

6号機でATや天井などが緩和されましたけど、これも団体の努力のおかげですのでメーカーによって規制がまた厳しくなるような事態は避けなければいけないです。規制の範囲内でうまく作っていくというのが今後メーカー側が大事になりそうです。

 

6号機になっても、この規制の抜け道を見つけていく行為は今まで以上に厳しくなる可能性があります。