番長HEY鏡は良くも悪くも安定している

既に、番長鏡がホール導入してから数日が経過します。

 

それなりにデータを集める事が出来て、旧イベント日の状況なども多少は把握する事が出来ました。

 

結論的には、番長鏡は良くも悪くも安定するという事です。

目次

 

 

一撃性は低くノーマルみたいに安定する

 

番長鏡を打った人なら分かると思いますが、一撃性は抑えられています。出玉規制の影響からこのような事態になる事は予想できました。

 

一撃2千枚でれば良い良いぐらいですね。千枚以下というのも多く、伸び悩むという印象です。同じATである旧基準機と比べるとかなりの差がありますね。旧基準機の場合は、一撃性が売りになっていますが、今回の番長は同じATでもそのような面影はないです。運よく2千枚だして、その後天国モードなどで初当たりから再び2千枚というように、初当たりに廻られて、さらにATも好調だとそれなりに出る事はありますが、このような事はまれですね。

 

全国のデータなどを見ても、これだけ稼働数があるけど、5千枚+というのはあまりないですね。旧基準機と比べるとその比率というのは低いです。

 

ただ、悲観するというわけではないです。たしかに出玉という部分では本来のATとしては物足りなさがありますが、設定の安定感というのは旧基準機よりも向上しています。ノーマルみたいな感じで出玉推移していく事が多く、高設定は少しずつ出玉が増えて低設定は少しずつ出玉がなくなっていく感じですね。

 

高設定   安定感があり終日プラスが期待出来る

中間設定  プラマイゼロをいききする感じ

低設定   少しずつ下がる

 

といった感じですね。設定6であれば、終日打つと+2千枚から3千枚ぐらいは狙えるぐらいですね。逆に低設定だと-2千枚ぐらい行きそうですが、-5千枚クラスはほとんどない感じですね。低設定でも今までの荒い機種と比べるとそこまで落ち込まない印象が強いです。つまり、遊びやすくなっているという事です。

 

データだけ見てもある程度は設定判別が可能

 

今回の番長は、データだけ見てもある程度、設定が予想出来る感じもします。

 

特に初当たりが良い台ですね。AT、ボーナス両方の初当たりが良い台は設定に期待出来るので空いていたら座ってみても良いぐらいですね。特に今は、番長鏡に設定を入れているホールが多数あります。

 

つまりいまが設定6を打てるチャンスでもあるので、番長鏡に関しては積極的に設定狙いしていきたいですね。

 

いつまで番長鏡に設定が期待出来るのかはまだ分からないですが、しばらくの間は優遇されるのではないでしょうか。これから6号機の機種が多く出てきますから、ホールも積極的に投資をして、6号機の稼働を上げていく努力をしている見たいですね。

 

マイナス点は高設定しか期待できない事

 

さて、番長鏡は安定していますが、安定しているからこそ高設定以外は期待出来ないです。

 

中間設定や低設定でもAT中が好調であれば、+に期待できますが、基本的には厳しい点回になりそうです。設定4の機械割も高くないので、基本的には高設定を打たないと安定して周囲をプラスに持っていけないという事です。

 

いくら遊びやすいからといって、中間設定以下を打つ事が多くなると、それなりにマイナス収支になるので甘く見ない事ですね。

 

これから出る6号機が、安定感があるのか、それとも荒い機種が登場するのか分かりませんけど、戦国コレクションやリノタイプなど新機種がいくつか予定されており、少しずつ検定を通過している台も増えています。最近は新たに10機種ぐらいが検定通過したとうい報告があるので、6号機の新台には注目していくべきですね。