パチンコのマックス機がなくなった理由

スポンサードリンク

これは、既に数年前ですね。パチンコのマックス機がなくなったという出来事が起こりましたね。

 

あれから早数年が経過しており、今ではマックス機というのは過去の機械となっています。さて、このマックス機ですが、なぜあの時なくなってしまったのか、それを理解しておくと今後のパチンコの将来というのも見えてきます。

目次

 

 

射幸心を煽るから

 

マックス機が長年活躍してきたパチンコですが、いきなりなくなりましたね。まあ、いきなりというよりは撤去日の1年前ぐらいに発表されて少しずつ減らした感じです。

 

この大きな理由が射幸心を煽るからです。

 

でも、長年マックス機の規制なんてなかったですね。いきなりなぜこのような自体になったのかという事です。これはギャンブル依存症が大きな問題となったからですね。ギャンブル依存症は増えており、このままでは国としても大きな課題となります。特にマックス機は大当たりの確率が低く、出玉性能が優秀な台です。

 

ギャンブル性が高いという事ですね。大勝を目的としたユーザーに支持を集める事に成功しましたけど、お金がかなりかかるという事で破産した人も多かったです。既に遊戯ではなくてギャンブルだという事です。

 

注目しなければいけないのが投資と一撃性です。特に投資は平気で数万円ぐらい使い、1日打っていると数十万円という額がなくなってしまいます。これでは、健全な遊戯ではないので、パチンコ店の風当たりもきつかったです。つまり、マックス機の規制は早かれ遅かれきていたという事です。数年前になくなりましたけど、実際は遅いぐらいですね。もう少し、早くミドルまでにしておいた方が良かったでしょう。

 

射幸心を抑えるため

 

さて、パチンコ台は過激な出玉性能というのが目立っていましたね。

 

特にマックス機があるぐらいまでは、出玉性能に優れているけど、投資が多くなるという機種が多かったです。射幸心を煽るような機種は、ギャンブル性能を高めて、ギャンブル依存錠になってしまう人を増やしてしまいます。

 

パチンコの射幸心を抑えるためには、まずはマックス機をなくしていく必要があったのです。当然、釘問題も課題の1つであり、多くの台がマックス機と同時になくなりましたね。マックス機がなくなってから、射幸心はある程度抑える事に成功しました。さらに、問題があるを大量に撤去した事により、これもギャンブル性を低めたと言えるでしょう。

 

まだまだ、ギャンブル性は高いですが、今と数年前と比べると幾分ましになったのかなと思います。

 

毎年のように規制が起きていますけど、一番の問題であるギャンブル依存症を少しでも減らすための取り組みと言えるでしょう。

 

今後のパチンコは射幸心を抑えるものが増える

 

さて、今後のパチンコですが、当然射幸心が抑えられたものが多くなります。

 

出玉性能が抑えられて、遊びやすいという事ですね。今回の新規性なんかはまさに出玉性能が抑えられています。

 

ラウンド数も減り、設定を付けて確率をいじれるようになっています。設定を付けた方が遊び心が出来ますし、高設定を入れて遊びやすくできるというメリットがあります。

 

出玉を減らす代わりに、遊びを増やすというのが今のパチンコです。今後も、射幸心を少しずつ抑えられていきます。ギャンブルから遊戯へとこの規制はその一歩かもしれませんね。パチンコで稼ぐ、一発逆転出来るという時代は既に終了しています。今後は遊ぶものというのが大きなテーマとなって新しい台が出てくるでしょう。