戦国コレクション徳川家康は高設定なら安定する

パチスロ戦国コレクション6号機も、先日から稼働されて多くの人が既に打ったと思います。

 

その評価はまちまちですね。ライターなどの動画によると設定6の勝率が99%などかなりの好感触だと言われ、皆さん期待したと思います。

 

ただ、思ったよりも評価は悪いのかなと思います。

目次

 

 

設定6の安定感は抜群

 

前評判通り、設定6は抜群の安定感ですね。いまだに負けたグラフを見ていないですし、情報を集めても設定6だとほぼ負けない見たいですね。

 

これは、今までのパチスロの中でも群を抜いています。

 

つまり、設定6さえつかめれば、後は何も考えずに打つだけという事ですね。これだけ楽な機種はそうはにないです。いくら設定6が確定しても、機種によってははらはらする展開になったり、油断は出来なかったなどありますからね。

 

この機種に関しては、そのような心配は無用なのかもしれないです。設定6がどれぐらい導入されるかは未知数ですが、少なくとも稼働がなくなれば低設定メインになるので、今の打ちに設定6を囲む必要があります。

 

低設定はほとんど勝てないのか

 

問題は低設定ですね。これがけっこうなきついです。

 

つまり、勝てる感じがしない、実際勝てる可能性は低いなどかなり残念な台のようなです。単発率が多いというのが良く言われていますね。今回の戦国コレクションは、出玉性能はかなり落ちています。実際に5.9号機の戦国コレクション3の方が出玉性能でいったら優秀なのかもしれなです。

 

その代わり、ベースが高く、天井も低いですよね。この影響で出玉がしょぼいというのは仕方がないのかなと思います。一撃2000枚以上はほとんど出ないですよね。これならまだ番長の方が良かったのかもしれないです。

 

ただ、戦国コレクションは夫妻が少ないという大きなメリットがあります。低設定打つと普通であれば4万以上負けるなんてざらですよね。この機種はそれが起こりにくいという事です。ベースが高い、天井が朝い、この2を前向きに考えて打っていく必要がありますね。

 

設置台数が10000台ぐらいなので、設定6を積るのはかなり難しいです。この機種に関しては、設定4を積るという目標に替えた方が良さそうですね。設定4は十分プラスに期待出来ますし、遊べると思います。

 

フリーズがちょっとしょぼい

 

戦国コレクションの欠点が、今回はフリーズがしょぼいという事です。裏ストックなどはあると思いますが、シナリオを駆け抜けて1000枚届かないという事もけっこう多いですよね。

 

フリーズ引いても一発逆転というのが難しいです。これは、6号機全体に言える事かもしれないですけど、戦国コレクションは今までフリーズ引けば2000枚だったので、これを考えるとちょっとがっかりしても仕方があにです。

 

ただ、この機種はベースが高いので1000枚近く確保できれば、しばらく遊べますし、設定4以上であれば2000枚以上のプラスで終われる1つの出玉ボーナスになると思います。天井は浅いので、天井狙いは狙いやすいのかなと思います。