6号機はATの時代か

こんばんわ。

 

さて、少しずつ6号機がホールに導入されています。まだ、目立ったヒット機種は番長鏡ぐらいしかないですが、この後蒼天の拳やG1グランプリなどが登場しますし、ハーデスやバジリスク絆2さらにまどかマギカなども登場すると思います。

 

そんな中、6号機を攻める機会が多くなりますが、では6号機を打つ場合に考えなければいけないのがATかノーマルかという事ですね。6号機はATの時代に突入する事が予想されます。

目次

 

 

ATのメリットはやはり純増

 

6号機だけになると、おそらくATメインの立ち回りが良いと思います。あくまで今の所ですが。

 

その要因となるのが、やはり純増ですね。実際に5.5号機と6号機というのはあまりはやらなかったですよね。純増がやはり悪いので、出玉スピードを見ると遅いです。仕事帰りの人からするとなかなか打てるものではないです。

 

しかし、6号機のATは純増が3枚から6枚から主流となっており、出玉スピードが速いですね。たしかに出玉制限はありますが、千枚出すまでの時間が早いです。

 

 

仕事帰りに打つ人も6号機はぴったりという事です。

 

ノーマルタイプの規制

 

また、6号機はノーマルタイプの規制がかかりますね。

 

BIGの枚数が最高で280枚から300枚ぐらいになりそうです。つまり、今までのように300枚以上一回のBIGで獲得出来ないという事は、出玉スピードが遅くなります。

 

ボーナスの確率によって違ってきますが、今までのノーマルタイプよりは出玉が遅く、さらに出ない可能性もあります。

 

今は、どちらかというとノーマルの時代です。ジャグラーやハナハナがメインになっており、アクロス系のノーマルも人気があります。しかし、6号機になるとこれらの機種の製造が難しくなるのではと予想しています。

 

要するに5号機と同じスペックは難しいという事ですね。スペックを落としての登場となると思うので、それが人気が出るのかは未知数です。また、アイムジャグラーを打っている人かするとそこまで気にする程でもないです。アイムジャグラーは機械割が6でも105%ぐらいですからね。

 

ただ、スペックの高いノーマルばかりを打っている人からすると物足りないと思います。

 

純増が悪くなっても、ベースが軽くなったり、ボーナス合算が甘くなればまだ望みはありますけど、ちょっと今の所ノーマルタイプは6号機になると落ちてくるのかなと思います。

 

人気が出るのはAT

 

このように、ATはメリットがあり、ノーマルはちょっと出玉的に厳しくなるという流れから、ATの方が人気が出るのかなと思います。

4号機時代と同じですよね。

 

設定は人気機種に入れてくるので、人気があるATを狙うので今後必要になってきます。ただ、5号機のノーマルは後数年ぐらいは設置されている状況なので、今から立ち回りをかえる必要はないです。

 

今は、ノーマルに設定が入りやすい状況なので、少なくとも2019年はノーマルタイプメインでも十分な収支は見込めます。

G1優駿倶楽部2 6号機の解析と勝ち方

とうとう人気機種が6号機で登場しますね。

まだ、詳しいスペックなどは分かっていませんけど、大まかなスペックは出ましたね。そうです。

 

G1ダービークラブは、5号機でも人気がありましたけど、今回は早速6号機で登場します。

 

目次

 

スペック面

 

  G1ロード 機械割
設定1 1/348 97.9%
設定2 1/342 98.5%
設定3 1/324 99.8%
設定4 1/296 102.2%
設定5 1/283 105.7%
設定6 1/266 108.3%

 

機械割自体は、他の6号機と比較しても大差ない作りとなっており、5号機のジーワンダービークラブと比較しても違和感がなく打つ事が出来ます。

ただ、設定6の機械割が108%と低く、この部分で大勝は出来ないような感じなのかなと思います。ただ、育成馬を育ててレースに参加するという前作のゲーム性を継承しており、前作が好きだった人は違和感なく遊べるようなものに仕上がっています。

 

純増は3.1枚と6号機の良さを発揮していますね。また、ベースも高く50Gなので遊びやすい仕様となっています。

 

システムは、バヌシステムを採用しており、総勢107頭の馬が参加します。育成パターンは約1億通りとかなりゲーム性がバージョンアップしていますね。

 

特化ゾーンも存在しており、

まこまこドライブ、まこまこタイムの2つがあります。まこまこドライブが新しくあるので、ちょっと気になりますよね。

 

天井

 

天井は999Gとなっています。また、前作と同じように、短縮抽選も行われており、111G333G777Gは熱くなっているとう情報です。

 

ベースが高く、短縮抽選があるという事で前作よりもさらに投資が少なくなっているイン嬢ですね。

 

勝ち方について

 

まだ、情報がこれぐらいではどのように立ち回れば良いのかというのは今の所はっきりしていないです。

 

ただ、機械割を見る限りは設定4から狙っていくのが基本となりそうです。設定3以下は機械割が100切るので、いくらベースが良くても打つのはお勧めしないです。

 

また、設定4もそこまで高くないので、1日単位だと負けてしまう事もあります。気になるのが設定6ですね。

 

設定5はまだ他の機種と比べてもそん色ないですが、設定6が108%なので、あまり出玉的には期待せずに楽しみながら打つというのがスタンスになりそうです。

 

登場は2月17日とまだ先ですが、6号機でも人気が出そうな勢いです。前作も出玉に関しては優秀ではなかったので、今回もその部分がマイナスになる事は考えられないです。導入台数が10000台と多くはないので、設定狙いは導入してから1カ月以内が勝負となりそうです。

 

天井は搭載しているので、天井狙いは出来そうです。ただ、ATの期待枚数がこの機械割を見るとそこまで多くないので、天井期待値も高くないと予想しています。

 

今の所強いゾーンがあるので、680Gから狙っていけると思います。

 

 

 

なぜパチンコはボーダー理論が勝つための鉄則なのか

こんにちは。

 

今回は、久しぶりにパチンコについてお話します。あくまでこのブログはパチスロメインですが、たまーにパチンコについてもお話します。

 

パチンコって、今の機種の多くは設定がないですよね。つまり、ボーダー理論が勝つための鉄則になっています。では、なぜ、これほどまでにボーダーが重要視されるのかお話します。

目次

 

 

パチンコの確率論

 

パチンコって、最近の機種は除いて大当たりが統一されていますね。つまり、お店側で調整出来ないという事です。

 

パチスロは、設定1から6あり、お店側で確率を調整できますよね。パチンコは、大当たり確率を調整出来ない機種は今は多いです。

 

では、確率による収束を狙って立ち回れば勝てるんじゃないの?と思っている人もいますよね。例えば1/310の台で500、700、300と履歴を見るとかなりはまりが続いている状況だとします。

 

そろそろ初当たりが早いタイミングが来るのでは?と打つ人もいます。

 

さらに、1000ゲームハマっていると、さすがにすぐに当たるのではないかと打ち始める人もいます。これは、みんな確率を意識している証拠です。たしかに、確率が1/310であれば、いつかは収束すると思います。しかし、短い期間では収束するのはかなり珍しいという事が言えますね。

 

ここで注目しておきたいのが分母の大きさです。1/310ですから収束するためにはかなりの試行回数が必要ですね。ざっと8万回転ぐらいですね。これぐらい打ちこめばおのずと確率は1/310に近くなります。

 

 

しかし、1万回転、5枚回転ぐらいでは収束しないです。初当たり確率が1/150の時もあれば1/400の時もあります。それ以上にぶれる事すらあります。

 

特に1日に回す事が出来るのはせいぜい数千回転ぐらいですよね。1日単位では収束しないという事です。つまり、ハマり台を打ったり、しばらく初当たりが重いから打つというのは勝つ立ち回りとしては間違っていると言えます。

 

パチンコは1日に単位の勝負ですから、確率論は使えません。まあ、同じ機種を長く打てばいつかは確率通りになりますが、ボーダー以下の台を打っていると当然確率が収束しても負けます。

 

重要なボーダー論

 

パチンコでは、確率論はほとんど使えないです。

 

しかし、ボーダー論は使えます。例えば確率が1/310の台を打つ時に千円で15回転回る台と20回転回る台とではまったく違う結果になります。

 

千円で20回転回る方が、早く初当たりを引ける可能性があり、はまっても投資額が少ないですよね。良く回る台は投資を少なくして、早く初当たりが引けるメリットがあります。

 

回らない台を打つと投資が多くなり、当たった時にはけっこう投資をしてしまったという状況になり負けやすいです。

 

このボーダー論は、今主流になっていますが大事なのは確率論を意識する事です。

 

例えばボーダーが20回転台であれば千円で20回転以上回れば+ですよね。しかし、21回転回る台を1日打てばプラスになるのかといえば間違いです。

 

先ほども言った通り、パチンコの確率による収束は8万回転回す必要があります。つまり、ボーダー以上の台を打っていても1日、1カ月単位であれば負ける事もあります。

 

では、一か月の収支がプラスになるためには、どうすれば良いかと言えばボーダー+3以上が大事です。ボーダーよりも3回転以上多く回る台であれば、例えば初当たりが多少悪くてもプラスにもっていく事は可能です。今、パチンコで収支を上げている人は、ボーダーよりも+3以上回る台を打っている人が多いです。パチンコは収束しにくいので、その分、ボーダーを上げる事が必要です。計算上と実際打つボーダーには差がある事を知っておきましょう。

 

でも、ボーダーよりも+3の台なんて、簡単には見つからないですよね。そこま、自分の努力次第です。頻繁に多くのお店を調査して、+収支が目指す事が出来る台を見つけていく必要があります。ボーダーを知っていても、勝てる台を見つける事が出来なければ意味がないです。勝つ人と負ける人の差は、この勝つ台を見つけられるかですね。

 

パチンコは甘デジがお勧め

 

ボーダーと確率についてお話していきました。

 

パチンコは、ミドルから甘デジまでありますが、どれを打てば良いのかという問いには私は甘デジをお勧めします。

 

甘デジは大当たり確率が1/100分の以下の台です。ミドルと比較すると200ぐらい差があります。

 

なぜ甘デジがお勧めなのかというと

 

○初当たりが軽いので収束しやすい

○投資が少ない

 

この2つです。まず、ミドルの場合は、分母が大きいのでなかなか収束しないです。つまり、ボーダーより高い台を打っても収支は荒れます。

しかし、1/100以下の台は分母が小さいので、その分収束しやすいですね。数か月ぐらいで収束してくれる事も多いです。つまり、甘デジの方が収支が安定するという事です。

 

+に持っていきたいのであれば甘デジがお勧めです。

 

さらに、初当たりが軽いので投資も少なくなります。まあ、たまにかなりおおはマリを食らう事がありますがその頻度は少ないです。

 

ただ、甘デジは勝ち額は少ないです。1日打って2万勝てればOKという感じですね。4万円ぐらいは現実的です。

ただ、それ以上になると運も必要なので、甘デジは2万から4万勝てる台だと覚えておきましょう。

 

今回は、ちょっとパチンコについてお話しました。

 

このように、基本的にはボーダー論を重視して立ち回ります。

 

ただ、最近は設置付きのパチンコも出回ってきているので、そういった台を打つ時には設定判別も必要ですね。今は、設定付きのパチンコを打つ必要はないでしょう。

 

パチンコで安定して勝ちたいのであれば、ボーダー以上の甘デジを打ちましょう。もし、ボーダー+3以上の甘デジを打てる機会が多くなると+収支も簡単です。