パチスロブログレアナ編

パチスロの低設定が想像以上に負ける理由 機械割の闇

今日は、パチスロで大事な「機械割の闇」についてお話します。

 

パチスロは、設定によって機械割が違います。

例えばジャグラーだと設定1が概ね96%ぐらい、設定6だと108%前後ですね。メイン機種として稼働しているアイム系のジャグラーだと設定6でも106%あるかないかです。

 

この機械割を見ると、設定1でも95%あるという事です。つまり、そこまで大負けしないような仕様になっているように感じますよね。

 

でも、実際は低設定を打っていると1日で5万負け以上もけっこうありますよね?特にATやARTだと良くありますよね。今回は、機械割の正しい知識をお話します。

目次

 

 

機械割95%でどれぐらい負けるのか?

 

設定1の機械割はだいたい95%前後ですよね。高い機種だと98%ぐらいありますしまれに100%ぐらいのこともあります。

 

では、機械割を95%としてどれぐらい負けるのか。

 

良く勘違いしているパターンだと、10万円入れたら9万5千円返ってくるという考え方です。

まあ、単純計算だとそうなるのかもしれないです。しかし、ここが大きな誤解です。実際、機械割95%は10万投資すると9万5千返ってくるわけではないです。

 

正しい計算方法を紹介しますね。

まず、今回の条件が機械割95%の台を8000G回します。

 

・8000G(回転数)×3(1G回るのに必要なメダル数)=24000枚

となります。まず、どれだけメダルを導入したのかを計算します。

・24000(総メダル数)×0.95(機械割)=22800枚

このように、必要なメダル数に機械割をかけてみましょう。

・24000(総メダル数)-22800(機械割95%で得られる総枚数)=1200枚

 

このように、メダル数によって計算していくと機械割95%の台を8000G回すとどれぐらい負けるのかが分かります。

 

今回は、1200枚負けという事になりますね。つまり、24000円負けるという計算になります。

もし、月に20回そして8000G回すと48万負ける計算ですね。かなり負けますよね。このように、実際思っていた以上に負けているという計算です。

 

パチスロで毎月10万円以上負ける人も多いですが、このようにけっこう現実的な数字という事が言えます。もちろん、設定1ばかり打っている人は少ないです。中間設定や高設定を打つ機会もあると思うので、もう少し負け額は減ると思いますが低設定を打つ頻度が多いと結局大負けにつながるという事です。

 

低設定がどれだけ残酷なものか

 

このように、低設定がどれだけ残酷的なものなのか分かっていただけたと思います。

 

95%はあるのだから収束していけばそこまで負けないだろうと思っている人は考え方を改めた方が良いです。負けが続くと一年間で100万以上の負債も起こり得る事です。もし、ために高設定を掴んだとしてもその勝ち額というのは微々たるものですよね。

 

例えば高スペックのバジリスク絆の設定6の期待値が約7万円ぐらいです。負けている人にとって、思ったほど高設定の見返りが少ない事が分かります。

設定6が110%ない台だとさらに見返りが少ないです。しかも、設定6を打てる頻度なんて、プロでもそう多くはないですからね。

 

パチスロで人生お先真っ暗になるまで負けている人の多くが低設定を打っている頻度が多い人です。パチスロは遊戯ですが、甘く考えずにどれだけ低設定を打つ頻度を下げるかを常に考えて、高設定が打てるように努力しましょう。

 

まとめ

 

今回は、機械割の知識についてお話しました。

 

低設定で1日に2万以上負けるというのは計算上当たり前の事です。もし、運が悪ければそれが5万になったりしてぶれるのでいかに低設定を打つのが危険だという事が分かると思います。

 

ただ、残念ながらパチスロの設定は低設定が多いですよね。パチスロもビジネスなので低設定が多くなるのは仕方がない事です。理屈では高設定が打てるというのは誰でもわかると思いますが、それがどれだけ難しいのかを認識する必要があります。

北斗の拳天昇の設定判別と注目点

今回は、北斗の拳天昇の設定判別と注目点についてお話します。

 

既に、北斗の拳6号機としてお店で設置されています。まだ、詳細がすべて出ているわけではないですがある程度の判別要素はでています。

 

今回は、これからメイン機種として設定が期待できるということもあり設定狙いの詳細をお話します。

目次

 

北斗の拳天昇の天井情報とモード情報については

 

 

設定判別のポイント

 

○初当たり

設定 激闘ボーナス
設定1 1/398.8
設定2 1/339.2
設定3 1/373.1
設定4 1/333.5
設定5 1/352.7
設定6 1/324.4


まず、初当たり確率から設定判別できます。
 

 

注目すべてきは、やはりCZの位置づけになっている激闘ボーナスですね。高設定程確率が上がっています。

しかし、注意しなければいけないのが、設定5は設定4よりも悪くなっているという事です。

 

つまり、設定4と設定6が別格に優遇されているというのが特徴としてあるので、設定4と6を狙うのであれば注目すべきですね。

 

実際、設定4と6は天井まで行かないケースが多く、ほとんどが400Gまでに当たっているというデータもあります。初当たりというのは、今回の北斗でけっこう使えそうな判別要素ですね。

 

○通常時の小役確率

 

通常時の小役ですが、今の所詳細が判明していません。

ただ、今までの北斗には設定差があった部分なので、スイカや弱チェリーなどに設定差があるのはと予想しています。

 

○AT中の獲得枚数

 

 

AT中の獲得枚数に設定要素があります。

456枚突破 設定4以上濃厚
199X突破 設定5以上濃厚

 

バトルボーナス開始画面

 

金背景     設定4以上

赤背景(5連以内、真・天昇ラッシュのラウンドストックせず)

設定5以上

 

○AT終了画面

 

AT終了画面時にプッシュボタンを押すと特定の画面が表示

修羅モード選択時

ハンー奇数示唆

ヒョウー偶数示唆

リンー高設定示唆

シャチー設定2否定

カイオウー設定5の期待度アップ

バットー設定4以上

 

世紀末モード選択時

シンー奇数示唆

サウザーー偶数示唆

レイー高設定示唆

ジャギー設定2否定

ラオウー設定5の期待度アップ

トキー設定4以上

 

どちらを選んでも変わらないですが、慣れ親しんだ世紀末の方が覚えやすいのかなと思います。

トキとラオウに注目ですね。

 

○サミートロフィ

 

パターン 示唆
設定2以上
設定3以上
設定4以上
キリン 設定5以上
設定6

 

おなじみのサミートロフィですね。

 

今までと変わらないですが、実践上設定6はけっこう高設定示唆のサミートロフィが出ているようです。もしかしたら確率に差があるのかもしれませんね。

 

設定6のグラフの特徴について

 

さて、今回の設定6の特徴としては、「リゼロとAタイプの高設定みたいなグラフ」というのが多いですね。

 

設定6のグラフを確認しましたが、その通りで右肩上がりのグラフが多かったです。ただ、すべてが綺麗な右肩上がりになるわけではなくてやはり引きというのもあるので綺麗なグラフでなくても設定6の可能性はあります。

 

基本的には、グラフより上記の設定判別要素で判断しましょう。特に、設定4と6は初当たりが軽いのでおそらくモードの選択率が優遇されています。逆に設定5はATの期待枚数が優遇されている可能性が高いですね。

 

実際、設定1の期待枚数が千枚、設定6が800枚となっています。これもリゼロと変わらないですね。おそらく設定5が一番期待枚数が高いのかなと思います。

 

まとめ

まだ、設定判別要素はすべてが揃っているわけではないです。

しかし、いくつかの要素が判明しているので今分かっている要素だけでも高設定判別は十分可能でしょう。

 

北斗の拳天昇は、これからホールのメイン機種として活躍が見込まれるので設定6の導入率が初日から多いですね。今後も旧イベント日を中心に設定6が使われる頻度が多くなると思うので、ホールデータをチェックして積極的に旧イベントは北斗を狙ってみるのもありですね。絆がそろそろ設定のベースが落ちているころ合いなので、機械割を考えても設定4から狙える今回の北斗は注目です。

パチスロ6.1号機時代に移行か 規制緩和の噂

パチスロは6号機に突入しており、旧基準機も少しずつ撤去されています。

 

12月には、バジリスク絆やハーデスさらにモンハンなどが撤去されますよね。

ただ、6号機の市場市場は思ったよりも上がっておらず、思いのほか苦戦しているという印象です。

 

そこで、今回6.1号機に移行するという噂が出ており、かなり現実味をおびています。

目次

 

 

6号機の主なベース

 

まず、現状の6号機のおさらいをしておくと

 

400G   下限33.3%  上限220%

1600G   下限40%   上限150%

6000G   下限50%   上限126%

17500G   下限60%   上限115%

 

有利区間1500G 上限2400枚

 

となっています。5号機よりも試験のG数の項目が多くなっています。例えば5号機だと1600Gの試験はなかったですが6号機にはあるのでその分マイルドな仕様になっています。

 

押し順ペナルティの復活

 

今回の6.1号機では、押し順ペナルティの復活があります。

 

これによって、ベースを上げることが可能です。

パチスロ

・ベース

・一撃性

・初当たり

この3つで主に成り立っています。

 

今の6号機は、ベースが高いですよね。千円で約50G回る機種が多いです。これは、最低出玉率試験に合格するためです。パチスロの試験では、押し順ナビを無視して行う試験もあり、これによってベースを高くしておく必要がありました。

 

もし、ベースが高いと一撃性や初当たり確率を抑える必要があり、例えばリゼロでは初当たり確率が低くなっていますよね。その分、ベースと一撃性能が高いです。

 

つまり、ベースが高いとどうしても他の2つ両方もしくは1つの性能を落とす必要があり、結果的にそれが初当たりが遠くておもしろくない、一撃の出玉がしょぼいという感じになっています。

 

今回の規制緩和で、ベースを低くする事が可能です。

つまり、その分一撃性能や初当たり確率を上げることができて今までよりも楽しめるさらに荒い機種を作りやすくなるという感じですね。

 

6.1号機の試験は11月1日から

 

噂では、試験開始日は11月1日からという情報があります。

先伸びする可能性もありますが、今年末から試験が始まり、ホールに導入されるのは来年の春ぐらいからですね。

 

今、バジリスク絆2がなかなか導入されないですよね。既に、今の6号機による試験をクリアしているのでいつでも導入できるという情報があります。

しかし、より出玉性能を高めるために6.1号機でバジリスク絆2を導入するという情報があるので、もしかしたらバジリスク絆2は来年春移行にホールに登場するかもしれません。

まあ、その方が満足できる仕上がりになると思うので期待できる機種になっています。

 

出玉自体は変わらない

 

今回は、ベースを下げて一撃性能と初当たり確率を上げることが可能ですが、覚えてほしいのが6号機の出玉性能自体は変わらないという事です。

 

有利区間1500G  一撃枚数2400枚

 

ですね。ただ、今回の規制緩和によって2400枚クラスの出玉を確保できる確率が上がり、今までよりも少し期待できるのかなと思います。もちろん、各ゲーム数の機械割の制限も変わらないのでどのようにして今回の規制緩和と6号機の規制を上手くミックスできるかが重要です。メーカーに期待ですね。

 

擬似遊戯の復活

 

今回の規制緩和の中には、擬似遊戯の復活というのも噂になっています。

 

ただ、噂レベルなのでどうなるかまだ未確定ですね。

 

まとめ

 

今回は、6.1号機の情報をお話しました。

 

まだ、未確定情報も多く何ともいえないですが、もし今回の情報が本当であればパチスロのゲーム性の幅が広がり、今までの6号機よりもおもしろい機種が登場するのではと思っています。

 

大きく出玉性能が変化するわけではないですが、今回の変化によって6号機の需要が高くなり5号機が撤去される2021年に向けて明るいニュースになるかもしれないです。