パチスロブログレアナ編

パチンコ店の正社員で働く時に注目しておきたいポイント

パチンコ店で働いたいまたは働いている人も多くいます。

これだけ、日本中パチンコ店がありますから、パチンコ店員の数もかなりの数ですよね。

そこで、正社員として働く時に抑えておきたいポイントをお話します。このポイントを把握しておかないと後で後悔することになります。

目次

 

 

 

早めに昇進する

パチンコ店は、同じ正社員でも階級があります。

一般社員

リーダー

班長

副主任

主任

副店長

店長

といった感じですね。お店によって、階級の種類は違いますが主に上記のようになっています。

ここで注目しておきたいのが、ホールに出て仕事をすることが多いのが一般社員から班長までです。

 

基本的に副主任以上になると事務所での作業が多くなり、店長クラスだとそもそもお店に居ないこともあります。このように、役職によって作業が分担されています

なぜ、早く昇進した方が良いのかというと、ホールの仕事は重労働だからです。例えば箱を持ちあげることが多くなるので体に負担がかかります。

 

実際に、ヘルニアや肩こりなどの症状を訴えた店員もいます。

 

また、歩いたり走ることも多くなるので体力も必要ですね。もちろん、お客さんの対応もあり何かとストレスと肉体どちらにも負担がかかります。

 

 

若い時は、まだ十分やっていくことが出来ますが中年世代になるとこれらのホール業務をやっていくのは厳しいですよね。つまり、35歳以上でまだ班長以下だと苦労するという事です。

 

しかし、副主任以上になるとホール業務は基本的に少なくなります。お店によっては主任クラスでもホール業務を積極的に行うこともありますが、基本的にホール業務よりも事務所内の業務が多いです。さらに副店長以上となるとホールに出る事はほとんどないので体力的には楽になります。また、お客さんのクレーム対応も基本的には主任クラスがすることが多いので副店長以上になるとお客さんの対応も少なくなります。

 

このように、精神的と体の負担を考えると最低でも40歳ぐらいには主任以上に昇進しておくのが理想です。出来れば副店長以上ですね。パチンコ店員は、体力が消耗しやすいので将来の事を考えるとずっとホール店員だと続けるのが難しくなり、路頭に迷う事すらあるので注意しましょう。

 

 

昇進するためには

次に、昇進についてお話します。

パチンコ店で主任や店長などに昇進するためには、まずは上司に認められる事ですね。

上司からの仕事の評価が高くなると、本部に昇進したい人がいる事を伝えられて昇進出来る可能性が高いです。

 

そのためには

与えられた仕事をしっかり行う事

ミスをしない事

上司との関係を良くする事

 

この3つが大事です。仕事をしっかりとこなす事は、上に昇進するためには絶対条件ですね。また、ミスが少ないというのも1つのポイントです。

 

さらに、上司との関係を良くしておくと昇進しやすくなります。

 

パチンコ店によっては、昇進する時に本部の審査があることがあります。本部の人たちがあなたの働きいぶりを見て最終的な判断をするという事です。この時に、緊張せずにいつも通りの仕事が出来るのかも大事ですね。

 

 

他にも注目すべき点があり、パチンコ店によっては学歴が重視される事があります。そこで、学歴に不安がある人は学歴に左右されないパチンコ店で働きましょう。

 

昇進に自信がない人はパーソナルシステムに注目する

ただ、誰でも昇進出来るわけではないです。

 

特に主任以上になると昇進の難易度が高くなり、なかなか昇進出来ないパターンも多いです。役職が上がるほど、人数も決められているので空きがない場合は昇進出来ないことも多いです。

 

そこで、もし昇進に自信がない場合は、パーソナルシステムを採用しているパチンコ店で働きます。今は、1円パチンコがパーソナルの所が多いです。でも、スロットや4円パチンコもパーソナルを導入しているパチンコ店も少しずつ増えてます。

 

このように、完全パーソナルだと平社員でも十分長く働く事が出来ます。パーソナルだと腰や腕の負担が軽減されますからね。

 

今後も、パーソナルが増えていくと思うので、今までよりは働きやすい環境になります。

 

まとめ

今回は、正社員でパチンコ店員として働くためのポイントをお話しました。

 

まだ、完全パーソナルというのは少ないので出来る限り昇進を目指して、早く主任以上になりましょう。そのためには、努力する必要がありますが主任以上になると、責任感がある仕事は増えますが、その分体力的には楽になることがあります。

 

店長クラスになると、設定なども考える事になりやりがいがある仕事です。

 

パチスロSガールズ&パンツァーG(ガルパン6号機)の天井の狙い目と攻め方

もう、6号機のガルパンもほとんどのホールで導入されましたね。

やはり、6号機という事で天井についても気になると思います。

今回は、ガルパンの天井の狙い目についてお話しますね。

目次

 

 

 

天井の詳細

 

周期5スルーで次回周期がCZ確定

 

となっています。要するに、CZ天井ですね。

大まかにいえばエヴァの6号機みたいな感じで、ゲーム数天井がなくて基本的には天井はCZ確定です。

 

前作のように、AT確定ではないので今回のガルパンにおいては天井狙いは積極的に出来ないという事です。

 

天井の狙い目

 

さて、そんなCZ確定の天井の狙い目ですが

 

周期4スルーから狙っていきます。

 

しかし、個人的には周期5スルー目からでもいいぐらいなので周期4スルーからの勝率はそこまで高くないと思います。

つまり、周期4スルーでも場合によってはスルーしてもいいのかなというぐらいのレベルですね。まあ、周期5スルーしている台なんてないと思うので、結論的にガルパンの天井狙いは狙う事がないように思います。

ただ、有利区間の問題に関してはガルパンは上手く出来ています。

 

有利区間の終了時にCZに突入する事になっているので、ATを有利区間の初めに持ってくる事が可能となっています。

つまり、今までの6号機みたいに天井いって有利区間が短くなっているという事はないでしょう。

 

そうなると、もし天井狙いでATに当選する事が出来れば、一撃2400枚も可能なのでそういう意味ではプラス要素ですね。ただ、そう簡単にATが長続きするとは思えないので過度な期待は禁物です。ただ、今回のガルパンは1戦目に一番強い相手と対戦しなくても良いのでそういう意味では2連以上続きやすくなっています。

 

結論的に、積極的に狙う必要はないですがこのように天井期待値が低い台は、狙う人も少なくなるので一応ガルパンの天井狙いも視野に入れておいた方が多少収支のプラスになるのではと思います。

 

 

まとめ

 

今回は、ガルパンの天井の狙い目についてお話しました。

個人的には、天井がCZというのはあまり好きではないのでゲーム数天井を採用してほしかったです。

 

ただ、ガルパンのCZは2種類あり、上位版だとAT濃厚ですし、期待度が低いCZでも40%以上あるのでそういう意味ではまだ良心的なCZ天井ですね。ガルパンは、設置台数も多いので、稼働率も高くなります。

 

つまり、天井狙い出来る機会も多くなるので数をこなす事が出来れば安定した収支をたたき出せる可能性はあります。

 

5スロの適正な軍資金について考えてみる

既に低貸しとして人気がある5スロですが、どれぐらいの軍資金を準備すれば良いのか考えてみます。

 

もちろん、多ければ多いほど良いですが、どれぐらいが適正なのかというのを頭に入れておくと遊戯しやすくなりますね。

 

そこで、今回は5スロの軍資金を1つのテーマに掲げて話してきます。

目次

 

 

 

20スロの軍資金を考える

 

5スロの軍資金を考える時には、まずは20スロの軍資金を考えてみましょう。

20スロの軍資金が分かれば5スロの軍資金も見えていきます。

 

20スロの軍資金の目安としては

ジャグラーみたいなノーマルタイプだと約2万~3万円

ATまたはARTだと5万円~6万円

天井狙いだと5万円

 

というのが1日の軍資金の目安です。

 

この場合、どういった事を基準にしていけば良いかですが、ある程度余裕を持った勝負が出来るというのが1つの基準です。

 

例えばジャグラーの場合だと、別に1万円でも勝負出来ますが1万円だと心細いですよね。高設定を打てたとしても展開が悪ければ2万円ぐらい吸い込むことがあります。つまり、1万円だと高設定でも展開によって軍資金がつきてしまうという事です。

 

これを考えると3万円ぐらい準備して、ある程度高設定を粘る事が出来る状況にしておきます。

 

また、天井狙いだと5万円です。

なんだか多いような気がしますが、天井狙いはたしかに効率よく立ち回る事が出来て負債自体は少ないです。しかし、絆などの旧基準機は1回の天井狙いでも3万円吸い込まれることもあります。また、1日に何度も天井狙いをして運が悪ければ3万円以上負ける事も決して珍しくないので1日の軍資金は5万円は欲しい所です。

 

このように、ある程度勝負出来るというのを焦点に合わせると、それぞれの軍資金が分かります。

 

 

5スロの軍資金について

 

20スロの軍資金は理解出来たと思います。

5スロは20スロの4分の1なので、軍資金も4分の1が基本です。

 

ジャグラーだと5千円~7千円

ATだと1万5千円

天井狙いだと1万2千円

 

ぐらいですよね。

 

ただ、ここで注目しなければいけないのが5スロの方が設定が悪い事が多いという事です。つまり、20スロよりも低設定に座る可能性が高いです。

 

これを考えると、上記よりももう少し多めに準備していた方が安心して勝負に出る事が出来ます。

 

単純に4分の1ではないという事ですね。もちろん、お店によって5スロの状況が良い、設定が入りそうな日だけ遊戯するのであれば単純に4分の1で良いと思います。

 

また、天井狙いは20スロも5スロも変わらないので単純に4分の1でOKです。

 

まとめ

 

今回は、5スロの適正な軍資金についてお話しました。

 

何だか、負けるような前提でお話しましたがある程度、負ける事も考えながら軍資金は準備しなければいけないです。勝てる前提で少ない軍資金で勝負するのは危ないですね。

パチスロは、勝てる割合というのがそれほど高くはないです。実際1日単位だと5人に1人勝てれば良い方だと思います。つまり、軍資金は負ける事も考える必要があり、勝つ前提で考えないことが大事です。