設定狙いをするならデータ取りは必要

設定狙いをする時には、朝一から狙うというシチュエーションも多いと思います。

 

特に旧イベント日などは朝一から攻めないとなかなか高設定を積ることが出来ないですから朝一から設定狙いというのは時と場合によってはありですね。

そこで、やみくもに設定狙いをしてもうまく行く可能性は低いです。そこで、肝心になるのでお店のデータ取りになります。

目次

 

 

お店の癖を掴む

 

朝一から設定狙いをする時には、少しでも高設定を積ることが出来るように計画的に行う必要があります。

 

しかし、適当に座ってもなかなかつかめないですよね。たまたま高設定に座れる時もありますが、その頻度は微々たるものです。そこで、高設定を積る可能性を高める方法としては、お店のデータを取る事です。

 

お店によっては癖がある場合があります。例えば角台に高設定が入りやすい、真中付近に設定が入りやすいなどです。もし、癖があるお店ですと、朝一から攻めても高設定を打てる可能性は上がります。

 

場所だけでなくて、第番などや前日の履歴なども見ていく必要があります。さまざまな部分を見て癖があるのかをチェックすることが大事です。そのためには、毎日お店のデータを取ることが大事ですね。データロボサイトセブンなどに登録してあるお店ですと便利ですし、それ以外のお店もお店によっては独自にデータをサイトで開示している所もありますし、お店に頻繁に行ってデータを取るのもありですね。

 

すべての台のデータを取るのは大変ですから、自分が設定狙いする台だけデータを取ればOKです。

 

番長を攻めるのであれば、番長のすべての台のデータを細かく取っていきます。データを取るのは、手間がかかるので大変ですがそれぐらいしないと朝一から高設定を掴めないと思っていた方が良いでしょう。

 

どの台に設定が入りやすいのか

 

データを取っていくメリットの1つには、どの台に設定が入りやすいのか分かりやすいです。

 

例えば番長に設定が入りやすい、ジャグラーに設定が入りやすいなどお店によっては力を入れている機種は違います。もし、力を入れている機種が分かればその機種をメインに立ちまわれば良いです。

 

まったく力を入れていない機種を攻めても高設定を掴める事は難しいですので、どの機種を狙うのかは重要です。自分の機種の高設定を打てれば良いですが、勝つためには自分の機種に絞るのではなくて、高設定が導入しやすい機種を攻める方が良いです。

 

基本的には、第数が多い機種ほど設定が入りやすいです。しかし、5台未満の機種に設定が入りやすい特徴があると台数が少ない分、設定を囲みやすいです。メイン機種はどうしても競争率が高いですから、いかに台数が少ない機種に力を入れているホールを見つけるかも大事です。

 

これもデータを取ってみなければ分からないですから、自分が朝一設定狙いをするホールは力を入れている機種を見つけることは必要です。

 

データ取りだけで勝率は飛躍的にアップ

 

お店のデータを取るだけで勝率は飛躍的にアップします。

 

ただ、癖がないホールや力を入れている機種がないホールはデータを取っても勝率が上がらないので、そのようなホールはなるべく避けるのも良いですね。

 

朝一は、お店との駆け引きになりますが、自前情報がある方が有利です。朝一の設定狙いは無駄に投資をしてしまうリスクがあります。つまり、設定判別するのは時間が必要になりますから、展開が悪ければ投資が数万円ぐらい必要になることも珍しくないです。

 

しかし、高設定を積もれる可能性が高くなればその投資も少なくて済みますし結果も付いてきます。データを取っている人と取っていない人の差は大きくなると思うので、朝一攻めることが多い人はデータを取ってみてはどうでしょうか。