番長3の設定5に対する考え方

スポンサードリンク

番長3は今はメイン機種となっており、今後撤去されるまではメイン機種として稼働していく可能性が高いです。

 

この番長3は、バジリスク絆よりは若干辛いイメージがありますが、それでも5.5号機の中でもトップクラスの出玉を誇るので積極的に攻めていく人が多いですね。

目次

 

 

番長3の設定5は追うべきか

 

番長3に関しては基本的には設定6狙いとなります。ただ、設定5も機械割は高く、優秀うですので設定5も余裕があれば粘ってみるのもありです。

 

設定5かどうかの判別はやはり絶頂ラッシュの突入率ですね。

設定5だけが別格に優遇されており、ART中にボーナスを引けば4分の1ぐらいで絶頂ラッシュに入ることが多いですね。

 

また、金閣寺が出ても設定5の可能性が限りなく高くなり、金閣寺と設定4以上確定演出が出れば設定5確定です。

 

設定5を粘るか同課ですか、通常時は設定4以下とほとんど変わらないですし、場合によっては設定1ぐらいの挙動を示すこともあるので、通常時初当たりを引けない場合は苦戦する可能性があります。どうしてもリスクを負いたくない人は、きりが良い所で辞めるのもありです。

 

しかし、番長3で収支を上げたい場合は、爆発力がある設定5は粘るべきです。設定5のART性能は優秀ですので、一撃万枚という夢も実現できます。展開によって厳しい時もありますが、設定5の機械割は優秀ですので番長3の設定狙いでは粘るべきだと思います。

 

設定5は番長ボーナスがポイント

 

皆さんもご存じのように、設定5はどれだけART中に番長ボーナスを引けるかになってきます。

 

ここが引けなければ設定5の良さを引き出せずに低設定打っているのか変わらない可能性があるので番長ボーナスを引けるように願うしかないですね。気持ちを入れても、運要素が強いので出なかった時は仕方がないです。しかし、絶頂ラッシュの突入率は非常に高いので、設定5を粘っていく事を意識すれば、いずれまとまった出玉を確保できる可能性があります。

 

機械割的には勝率は高いので、毎回勝てるということも可能です。

 

設定4は粘らない

 

さて、番長3は設定5は粘っていいと思いますが、過去にも行ったことがありますが設定4は粘らないようにします。

 

設定4も機械割が高いので勝てる計算ではあるが、負ける事も珍しくないのでその点は意識していくようにします。また、設定4あるかなという台を粘るのが一番危険です。

もし設定4を粘るのであれば確定演出が出た場合だけです。番長3は、設定5は見抜きやすく、設定6はすべての値が優遇されているので分かりやすいですが、設定4は確定演出がでなければ分かりにくいので注意します。良く、設定4と設定2を間違えてしまうこともあるので、番長3を打つ場合は注意が必要です。