パチスロブログレアナ編

5スロに設定が入る店とは

最近は出玉がなんせ厳しい台が多かったり、設定状況が悪くなっていたりと5スロを打つお客さんも多いです。

 

20スロですと、負ける時は5万から10万ぐらい持っていかれるますからね。しかし、5スロですと1万から2万ぐらいですかね。負けても。もちろん負けた時のことだけを考えていますけど、勝つ事よりも負ける事の方が多いのがパチスロの特徴ですからね。

 

そこで5スロを打つ人のために、どんようなお店なら設定が入るのかちょっとお話していきます。

2019年6月16日更新

 

 

目次

 

 

 

 

併設店よりは専門店

 

これは基本ですが、5スロを設定しているあ店の種類のとしては、併設店と専門店があります。

 

併設店はメインが20スロでサブが5スロですね。5スロはバラエティー扱いになっており、約40台から60台でしょうか。

 

専門店は、5スロの設定台数が多いのが特徴です。低貸専門店の事ですね。併設店の場合は、どうしても20スロがメインであり、5スロは客寄せやちょっとでも利益を確保しようとするのが目的です。

 

つまり、20スロの台は育てる努力はしますけど、5スロは利益をメインに考えておりほぼ低設定のことも多いです。ひどい時にはリセットすらかからないです。

つまり、併設店の5スロの状況は悪いと言えます。ただ、併設店でも5スロに設定を入れてくれるお店もあります。設定6はなくても、設定4や5がたまに入ります。また、旧イベント日だけ設定を入れてくれるお店もあります。

 

併設店の場合は、設定狙いは難しいですが旧イベント日の状況によっては狙えます。旧イベント日に設定が入ってそうな台がありそうであれば、狙えます。しかし、旧イベント日に設定がまったく入っておらず、リセット挙動すらなかった場合は、残念ながらそのお店の5スロは空気です。

 

また、5スロのノーマルタイプの状況を見ます。ノーマルタイプに設定が入っている場合は、そのお店の5スロは期待できます。しかし、ノーマルタイプがあるけど、終始中間設定以下の履歴しかない場合は、他のARTにも設定が入ってない可能性があります。

 

また、ARTだけしか設定していない場合は、設定が厳しい可能性が高いです。事故れば出てくれることがありますし、設定判別は簡単ではないですから低設定でも打ってくれると読んで設定を入れないことが多いです。

 

次に専門店ですが、こちらは低設定ばかりですとお客さんが来てくれなくて利益が取れないです。併設店では20スロで十分利益が出ますが、専門店では5スロや10スロで利益を出す必要があるので、そのためには稼働を上げる必要があります。

そのため、高設定を入れてくれるお店も多いです。つまり、専門店の中からまずは5スロの状況を確認するのがお勧めです。

 

専門店だから良いわけではない

 

さて、5スロは専門店で打つというのが基本ですが、専門店だから良いわけではないです。専門店でもまったく設定を入れてくれないお店があったり、中間設定メインのお店もあります。

 

専門店の場合は、主に5スロ10スロでスロットは利益を取る必要があります。20スロと5スロを比較すると売上も利益も4分の1ですよね。つまり、売上や利益は確実に20スロをメインとしているホールよりも低いです。この状況だとなかなか高設定を入れられないという事が起きます。

 

皆さんも行った事があると思いますが低貸し専門店でもあきらかに高設定が入っていないようなお店がありますよね。はなからお客を勝たせようとせずに自分の好きな台を長く打ってくれるというのを逆手にとって低設定でばんばん回収する悪徳ホールもあります。専門店だから高設定が入っているはずというわけではないという事です。

では、専門店でもどのようなお店が良いのかというと

・客が多い

・リセットが頻繁にかかっている

・Aタイプに高設定らしき台が毎日ある

 

この3つを元にお店選びをしてみましょう。この3ともクリアしているとそれなりに収支が期待出来ますね。もちろん、勝てるような立ち回りをする必要がありますが、低貸し専門店だと設定を意識しているお客さんは20スロの比べると少ないので昼や夕方からふらっと立ち寄れば高設定が打てる可能性があります。

 

客が多いと、座りにくいと思う人がいますが稼働がなければお店の売上が伸びないです。稼働があり利益を確保出来るから高設定を入れてくれるわけなので稼働が少ない低貸し店は近寄らないようにしましょう。自分の好きな台が打てるという考えではなくて設定を意識したお店選びが楽しく5スロを打つためには必要になります。

 

また、それなりに稼働が高いと天井狙いもできますよね。これも勝つための秘訣なので稼働が低いよりは高いというのが大事です。ただ、平日からあまりに稼働が高いと当然良い台に座れないです。特に粘るお客さんが多いときついです。稼働が高い方が良いといっても適度に良いという事だけ覚えてといてくださいね。

 

 

5スロの需要も高くなっている

 

以前よりも5スロの需要が高くなっています。専門店も増えましたし、併設店でも5スロを設置しているお店も多くなっています。

 

つまり、探せば5スロに設定が入るお店を見つけられる可能性があります。20スロよりも簡単ではないですが、チャンスはあるという事です。

 

どちらにしてもお店を探す努力をしなければ勝つ事は難しいです。近くにあるお店に通う単純な考え方ですと20スロも5スロも勝てる可能性は低いですから、立ち回りよりもお店の調査を重視します。5スロの需要が高くなっているのは+ですね。

 

5スロには設定が入らないという勘違い

 

20スロをメインに打っている人の中には、5スロなんて設定入らないでしょ?と思っている人が多数存在します。

しかし、これは間違いですね。

私は、5スロでエヴァの6確定演出つまりカオルが出た事がありますし、絆でも6ベルを何度も見ました。実際に私が打ったので間違いないです。そこで私は思ったのです。5スロにも設定を入れるお店があるんだと。

 

要はお店選びですね。上記に紹介したお店を見つければ高設定だって打てます。ただ、やはり5スロはリセットすらかからずずっと設定1というホールもあります。リセットがかかっていても設定2までとかね。

 

ただ、すべてのホールがそんなんではなくて中には5スロに設定が入っているホールがあるという事を知ってほしいですね。併設店であれば20スロや4パチなどでしっかりとまとまった利益が出るので5スロに入れようと思うお店もあります。

また、低貸し専門店でも少しでも設定を入れられるように工夫しています。

例えば、新台は中古台または他のチェーン店のお店から持ってきたものを使ったり、人件費も削減しています。1パチなんてすべてパーソナルにすれば削減なんて簡単です。さらに、低貸し専門店って基本お店自体小さいですよね。20スロメインのお店よりも人件費はかかっていないです。

ただ、20スロメインのお店が主流なのでたしかに5スロで勝てるお店は見つけるのは簡単ではないです。ただ、そういうお店を見つける努力すればもしかしたら遊べるお店を見つけられる可能性はあります。何事もまずはお店調査ですね。

 

関連記事

 

 

patisuronosyourituenjoy.hatenadiary.jp

 

 

ブログランキング参戦中

 


人気ブログランキング