優良店は稼働率が高い

パチスロを打つ時に考えなければいけないのが優良店選びです。

 

優良店は、設備も良く設定もある程度期待が出来るお店の事を指します。また、店員の接客も高いものがあります。特に設定ですね。パチスロは設定が入らなければ安定して勝つのは難しいです。

 

設定1や2ばかりのお店で設定狙いをしてもほとんど勝つ事は難しいです。

目次

 

 

稼働率が高い

 

設定が比較的入るお店の特徴としては、やはりお店の稼働率が高いです。特に旧イベント日などは朝から抽選に来られるお客さんが多く、数百人以上来ることも珍しくないです。また通常日でもメイン機種を中心にそれなりに稼働が高いです。

 

なぜ、稼働率が高いのかを考える必要があります。設備が良く接客態度が良いから来てくれるお客さんが多くなるというのもありますが、やはり設定が良いというのが上げられます。ベースが高く、お客さんの負けが続かないような状況ですね。

 

優良店でも低設定が多くなっているのは珍しくないですが、その中でも中間設定や高設定の割合も他のお店よりも多いので、普通に打っていても高設定を積もれる可能性が十分にあります。稼働率はお客さんの評価そのものとなっているので、これからパチスロを楽しみたい、勝ちたいという人はまずは稼働率が高いホールに足を運ぶのが良いかもしれないです。

 

利益がある

 

稼働率が高いホールは、利益率が高いです。売上も高く、お店が黒字になりやすい傾向が強いです。この状況では、高設定が入れやすい流れになります。特に旧イベント日では開放しているお店も多く、高設定が期待できるという事です。

 

お店側の一番の目的は売上を上げて、利益をしっかりと確保する事です。稼働率が低いホールでは当然売上も利益も少ない傾向が強いです。この状況では、還元できる部分が少ないので、結果的に低設定が多くなります。下手をすると高設定がほとんどないという状況にもなります。

 

稼働率が1割から2割では厳しいです。通常日でも3割から4割ぐらいはほしい所ですね。旧イベント日は朝からメイン機種は満席というのが1つの条件です。他の台もすぐに埋まるホールはそれなりに期待できそうです。稼働と設定というのは密接に関わってくるので、ホール選びでは稼働率を重視した方が良さそうです。

 

稼働率が高いとリセットしてくれる可能性が高まる

 

稼働率が高いとホールも余裕が生まれてきます。そこで、リセットしてくれる機会が多くなります。旧イベント日ではほとんどの台がリセットされている可能性があり、さらに通常日でも小まめにリセットしてくれる可能性があります。

 

リセットすると、リセット期待値がある台は美味しいですよね。設定変更することによって何かしら恩恵がある台は、朝から狙いやすいです。

 

稼働率が低く、あまり利益が取れいないお店は、なるべく回収したい気持ちが強くなります。つまり、リセット恩恵がある台を中心にあまりリセットをかけない傾向が強くなるので、これは打つ側からするとマイナスですね。パチスロを打つ時に、朝一リセットがかけられていないとそれだけでがっかりですね。リセットしているかどうかすぐに分かる機種もありますし、基本的に据え置き=低設定になるので打つ気力が出てこないです。最低でも朝一はリセットしてくれていて設定に期待を持ちながら打ちたいです。